■日本システムウエア<9739>の今後の見通し

● 2020年3月期の業績見通し
情報サービス産業界においては、企業のIT投資は堅調に推移し、経営やビジネスモデルの変革にITを活用するDX(デジタル変革)、働き方改革の推進、労働力不足への対応などを中心に需要の拡大が見込まれている。このような状況を踏まえ、同社グループは、2019年4月から2022年3月の3年間を対象とした新たな中期経営計画を発表した。

新中期経営計画の初年度となる2020年3月期は、売上高38,000百万円(前期比5.2%増)、営業利益3,500百万円(同4.3%増)、経常利益3,540百万円(同3.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益2,400百万円(同5.0%増)を予想している。売上高、利益ともに過去最高益をさらに更新することを目指している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)


<YM>

情報提供元:FISCO
記事名:「NSW Research Memo(6):2020年3月期も引き続き増収増益を予想