パイプドHD<3919>の子会社パイプドビッツは12日、保証書登録に特化したイージーオーダー型システム「保証書登録管理システムソリューション」の提供を開始した。
同社によると保証書登録に特化したイージーオーダー型システムは国内初。メーカーの多くは保証書登録のシステム化を検討しているが、独自の業務フローに合わせたスクラッチ開発では費用が高いことや、社内の複数部門が関連するため、方針や要件がまとまらないなど、システム化のハードルが高い領域であった。同社のソリューションでは、必要な機能を組み合わせることでオリジナルのシステムを低コストで構築できるイージーオーダー型のシステムを提供する。システム導入に関わる複数部門の調整など体制づくりも支援し、システムが軌道に乗るまでの時間を短縮する。

同ソリューションの基盤には、パイプドビッツが提供する情報資産管理プラットフォーム「スパイラル®」を活用。セキュアで、様々なアプリケーションを短納期・低コストで構築可能なイージーオーダー型システムのプラットフォームとして、官公庁、金融、サービス、教育機関などでも利用が拡がっている。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「パイプドHD---保証書登録に特化したイージーオーダー型システムの提供を開始