アエリア<3758>は15日、2019年12月期第1四半期(19年1-3月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比7.1%増の71.98億円、営業利益が同0.3%増の8.09億円、経常利益が同12.7%増の7.80億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同5.8%減の5.17億円となった。

ITサービス事業の売上高は前年同期比13.3%減の14.45億円、営業利益は同9.7%増の1.33億円となった。オンライン電子出版に特化したアフィリエイトプラットフォーム事業を行うファーストペンギン、及びデータサービス事業を行うエアネットが安定した収益を獲得している。

コンテンツ事業の売上高は同61.0%増の44.08億円、営業利益は同49.1%増の6.44億円となった。スマートフォン・タブレット向けゲームの開発、配信及び運営並びにキャラクターグッズの販売等を行っている。サイバードがグループに加わった影響と、スマートフォン向けゲーム「A3!(エースリー)」の収益が好調に推移したことにより売上高、営業利益とも増加している。

アセットマネージメント事業の売上高は同41.5%減の13.62億円、営業利益は同87.3%減の0.33億円となった。不動産の賃貸及び売買並びに国内外の企業等への投資等を行っている。

2019年12月期通期については、売上高が前期比1.7%増の320.00億円、営業利益が同17.3%増の22.00億円、経常利益が同23.8%増の20.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が14億円とする期初計画を据え置いている。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「アエリア---1Q増収、コンテンツ事業が好調に推移