プレミアムウォーターホールディングス<2588>は8日、2019年3月期第2四半期(2018年4月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比42.3%増の181.76億円、営業利益が3.96億円(前年同期は8.13億円の損失)、経常利益が2.69億円(同9.70億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益が1.14億円(同9.83億円の損失)となった。

宅配水事業は顧客が長期間継続して利用してもらうことにより安定した収益をもたらすことから、提供価格の見直しを通じた採算性の向上を図るとともに、2018年5月10日に公表した中期経営計画において収益基盤の強化を重点施策の1つと位置付けたうえで、新規顧客獲得は長期契約プランの推奨、既存顧客に対しては満足度向上のためのキャンペーン実施や顧客限定サービスの提供等の各種施策に取り組んだ。また、PETボトル製造工場の稼働率の向上による製造原価の低減を実現する一方、商品の出荷方法の変更等による配送コスト等の削減に努めた。
これらの施策により、収益基盤の強化に向けた保有契約件数の増加や1契約当たりの収益性の向上が順調に推移している。

2019年3月通期については、売上高が前期比37.1%増の380.00億円、営業利益が4.00億円、経常利益が1.20億円、親会社株主に帰属する当期純利益が2.00億円と連結業績予想を上方修正した。

<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「Pウォーターホールディングス---2Qは売上高が大幅増の42.3%増、保有契約件数の増加や収益性の向上が順調に推移