レカム<3323>は13日、中国・大連の連結子会社レカムビジネスソリューションズ(レカム大連)が、6月12日開催の中国政府商務部、遼寧省、大連市などが主催する中国国際ソフトウェア・情報サービスフェアにおいて、大連市人民政府中国サービス貿易協会より企業賞を受賞したと発表。日本企業として初の4年連続の表彰となる。

レカム大連は、2003年10月の設立以来、上海市や広州市にも支店を開設、2018年4月には中国の新興市場向け市場である新三板への上場申請を行うなど、事業拡大を進めている。

今回の受賞は、中国での外資系企業の革新的なチャレンジ推進が評価されたものであり、同社は今後も中国国内市場において社会貢献を果たしつつ新たな挑戦を続け、企業として高成長の実現を目指す意向。
<MW>

情報提供元:FISCO
記事名:「レカム---レカム大連が中国大連市政府より表彰される