※この業績予想は2018年1月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

豊商事<8747>

3ヶ月後
予想株価
330円

商品先物取引大手。株価指数証拠金取引や外国為替証拠金取引も手掛ける。17年11月に筆頭株主の証券先物取引事業を取得。営業拠点の廃合などで相乗効果を出す。証券業への本格参入も視野。18.3期2Qは赤字継続。

商品先物取引や金融商品取引が低調で受取手数料が減少。自己売買部門が健闘も及ばず。18.3期は赤字継続を予想。下期に買収会社が上乗せも利益貢献は微少。本格貢献は19.3期からか。株価は底入れ探る展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/4,000/-400/-400/-400/-49.84/5.00
19.3連/F予/5,500/-150/-150/-150/-18.72/5.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/01/05
執筆者:JK
<DM>

情報提供元:FISCO
記事名:「豊商事<8747>のフィスコ二期業績予想