■株主還元策

ディア・ライフ<3245>は株主還元策として配当を実施している。配当の基本方針としては、財務体質強化と内部留保の確保を図る一方、株主への利益還元を重要な経営課題としており、配当性向40%を目指して配当を実施する。また、自社株式の取得に関しても、株価の推移や財務状況等を勘案し、機動的に行う方針である。

2017年9月期の1株当たり配当金は年間17円の実績、配当性向は39.8%となった。2018年9月期は、利益の更なる拡大を背景に、1株当たり配当金は19円に増配、配当性向は40.0%を予想する。

株主優待制度も導入しており、2018年9月期はさらに拡充し制度の充実が図られた。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)
<MW>

情報提供元:FISCO
記事名:「DEAR・L Research Memo(10):配当性向40%以上が基本方針、2018年9月期は年19円に増配予想