■ディア・ライフ<3245>の業績動向

2. 財務状況と経営指標
2017年9月期末の総資産残高は前期末比4,018百万円増の17,808百万円となった。主な要因は、流動資産の4,043百万円増であり、現金及び預金の2,349百万円増、販売用不動産の272百万円増、仕掛販売用不動産の885百万円増などが主な要因である。固定資産の変動額は小さい。

負債合計は前期末比1,668百万円増の9,938百万円となった。主な要因は固定負債の1,210百万円増であり、長期借入金の908百万円増である。

純資産合計は前期末比2,350百万円増の7,870百万円となった。当期純利益を1,329百万円計上したこと及び新株予約権の行使による1,317百万円増が主な要因である。

経営指標では、流動比率757.4%と短期の安全性は極めて高く、自己資本比率42.3%(前期末38.1%)と中長期の安全性も大幅に向上した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)
<MW>

情報提供元:FISCO
記事名:「DEAR・L Research Memo(6):新株予約権によるファイナンスにより財務の安全性がさらに向上