16日午後の東京市場でドル・円は106円10銭台と、上げ渋る展開。ユーロ・ドルは欧州中央銀行(ECB)の積極的な追加緩和を織り込むようなかたちで前日海外市場で大きく下げたが、足元は底堅く推移しドルをある程度下押し。ただ、日本株や中国株、欧米株式先物は堅調地合いを維持しており、円買い後退でドルは下げづらいようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円03銭から106円27銭、ユーロ・円は117円71銭から117円98銭、ユーロ・ドルは1.1096ドルから1.1113ドルで推移した。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は上げ渋り、ユーロ・ドルは底堅い