欧州市場でドル・円は105円90銭付近での推移が続く。アジア市場終盤から荒い値動きとなったが、足元は落ち着きを取り戻している。ただ、欧州株は弱含み、米株式先物は下げに転じ、米10年債利回りは1.54%台まで低下しており、ドル売り・円買いに振れやすい地合いになっている。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円81銭から106円25銭、ユーロ・円は117円95銭から118円50銭、ユーロ・ドルは1.1140ドルから1.1155ドルで推移した。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は105円90銭付近、落ち着きを取り戻す