14日の米国市場は、NYダウが800.49ドル安の25479.42、ナスダック総合指数が242.42pt安の7773.94といずれも急落し、シカゴ日経225先物も大阪日中比460円安の20120円。
15日早朝の為替は1ドル=105円70-80銭と、14日大引け時点比で約60銭程度の大幅円高。本日の東京市場は全面安での寄り付きが予想される。ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、トヨタ<7203>といった主力銘柄の大幅安が予想されるほか、欧米市場での逆イールド出現による事業環境の悪化懸念から三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>といった大手銀行株も売りに押されそうだ。ただ、日経平均が大きく下げた6日は、朝方の大幅安から下げ幅を縮小して引けているため、ファーストリテ<9983>
など日経平均において構成比の高い銘柄には、短期的なリバウンドを想定する買いが期待できよう。また、円相場が再び1ドル=105円台と強含んできていることから、円高が輸入原料価格低下メリットになる不二家<2211>や東洋糖<2107>、チムニー<3178>といった食品・外食セクターなどの銘柄は注目されよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたラウンドワン<4680>、郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>などに注目。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「個別銘柄戦略:ラウンドワンやチムニーに注目