17日午前の東京市場でドル・円は109円90銭台で推移し、強含みとなっている。米長期金利の上昇や株高を意識してリスク回避的なドル売りは縮小し、一部でリスク選好的なドル買いが観測されている。日経平均株価は215円高で推移しており、株高持続を意識したドル買いが優勢となっている。ここまでのドル・円は109円82銭から109円95銭で推移。
・ユーロ・円は、122円71銭から122円82銭、ユーロ・ドルは、1.1168ドルから1.1178ドルで推移している。

■今後のポイント
・米国は輸入自動車への関税導入判断を先送り
・通商問題を巡る米中対立は長期化の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値63.27ドル 安値63.09ドル 直近値63.11ドル

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:株高持続でドル・円は109円95銭まで買われる