17日のマザーズ先物は続落。-11.0pt(-0.98%)安の1101.0ptで取引を終えた。高値は1114.0pt、安値は1067.0pt、売買高は4508枚。本日のマザーズ先物は、前日に引き続きPKSHA<
3993>やそーせい<4565>など時価総額上位銘柄の軟調推移を受けた個人投資家のヘッジ売りが継続する動きとなった。一時前日比45.0pt安の1067.0ptと下押しする場面もみられ、3月26日以来約半月ぶりに年初来安値を更新した。その後は、自律反発を狙いの買いなどによって下げ渋る展開になったが、需給の改善にはつながらなかった。
<SK>

情報提供元:FISCO
記事名:「マザーズ先物概況:続落、中小型株のヘッジ売り続く