越境集約型ECプラットフォーム「YAYAPay」を運営するYAYA-Worldは、ブロックチェーン技術による著作権管理・取引プラットフォームを運営する「未来版権」と、戦略的パートナーシップを締結した。
この締結によって、EOSに基づいた未来版権の仮想通貨ウォレットを共同開発し、「YAYA-World」のプラットフォームに掲載する1万2000の店舗、さらに、「YAYAPay」を導入する商業施設約20万件で、未来版権の仮想通貨ウォレットが利用できることになる。なお、このサービスを開始する予定は、2018年の年末になる予定だ。
未来版権は、日本初のブロックチェーン技術に基づいた著作権認定と取引プラットフォームで、世界中の著作権所有者に対して、低コストの著作権証明、著作権認定、著作権登記、著作権取引、オンライン権利擁護、インキュベーションなど、文化娯楽著作権に関するスマートサービスを提供している。
未来版権が発表した著作権引取用の代替通貨「UIPToken」は、「YAYAPay」に組み込まれるデジタル通貨の決済方式(WeChatpay、Alipay、ApplePay、Paypay)で利用できる。
このパートナーシップ締結によって、デジタル通貨の応用価値を高め、日本及び世界各国における著作権管理の問題解決とビジネスシーンの創出につながることを両社では期待している。


【ニュース提供・エムトレ】


<HT>

情報提供元:FISCO
記事名:「ブロックチェーン技術による著作権管理・未来版権(UIP)と越境集約型ECプラットフォーム・YAYAPayがパートナシップを締結!