[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;27995.60;+2.27
Nasdaq;11190.32;+133.67
CME225;23330;+10(大証比)

[NY市場データ]

15日のNY市場は上昇。ダウ平均は2.27ドル高の27995.60ドル、ナスダックは133.67ポイント高の11190.32ポイントで取引を終了した。中国8月小売売上高が予想以上に回復したほかドイツの9月ZEW景気期待指数も20年ぶりの高水準に達するなど、世界経済の順調な回復が好感され寄り付きから上昇した。しかし、引けにかけては連邦準備制度理事会(FRB)の結果発表を明日に控えて一旦手仕舞う動きが広がり上げ幅を縮小した。セクター別ではメディア・娯楽が上昇した一方で、銀行が売られた。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円高の23330円。ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、デンソー<6902>、富士通<6702>、TDK<6762>がしっかり。半面、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、HOYA<7741>、エーザイ<4523>が小安いなど、対東証比較(1ドル105.4円換算)換算で高安まちまち。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「15日のNY市場は上昇