【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220516&id=bodyimage1

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、株式会社システック井上(長崎県長崎市 代表取締役社長 井上達、以下システック井上)がオロのクラウドERP「ZAC」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

システック井上は、「計測」「制御」「情報」の分野で、多彩なサービスを提供するシステムインテグレーション企業です。最新技術と1950年から続く企業のノウハウを融合し、クライアントにとって最適なソリューションを提供しています。

同社では既存システムの保守切れに伴い、リプレイスを検討していました。選定においては原価の一元的な管理が可能になる点、案件別の損益をタイムリーかつ精度高く把握できる点、複数事業部の損益情報を一元的に管理できる点が評価されました。

ZACの導入によって、案件に売上、直接労務費や経費などの複数原価を紐づけた一元管理が可能になります。システム上に原価が集約されることや引合段階からの案件管理により、案件の進捗に合わせた、タイムリーかつ精度の高い損益管理が実現します。

■「ZAC」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1.直接労務費や経費などの複数原価を紐づけた原価を一元的に管理できる
2.案件別の損益をタイムリーかつ精度高く把握できる
3. 複数事業の損益を一元管理できる

------------------------------------------------------
【ZACについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/
-------------------------------------------------------

オロは今後もシステム開発業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。





配信元企業:株式会社オロ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「株式会社システック井上、基幹業務システムに「ZAC」を採用