2017年11月14日
報道関係者各位

株式会社Resorz(「Digima~出島~」、「オフショア開発.com」、「BPOサービス紹介センター」を運営)は、2017年11月7日~8日に日本最大級の海外ビジネス総合展「海外ビジネスEXPO2017」を秋葉原UDXにて開催いたしましたのでご報告いたします。


■日本最大級の海外ビジネス支援のための総合展を2日にわたり開催

今年で3回目となる海外ビジネスEXPOは、経済産業省・外務省、香港貿易局、台湾貿易センターに後援いただき、初めて2日間の日程で開催いたしました。また、コンテンツも昨年よりもさらに充実させ、ブース出展55社、セミナー登壇20社、フリーペーパー設置18社、書籍販売2社に加え、2社の基調講演も実施いたしました。

基調講演1社目は、日本の魅力ある商品・サービスの海外需要開拓に関連する支援や促進を行う官民ファンド、クールジャパン機構(株式会社海外需要開拓支援機構)の代表である太田氏の「世界市場をどう攻めていけばいいのか?」というテーマでの講演。2社目は、現在26の国と地域に423店舗を展開している「MUJI」ブランド(無印良品)の海外展開の軌跡を「無印良品が、世界でも勝てる理由」というテーマで、株式会社良品計画の前会長であり、株式会社松井オフィス代表取締役社長の松井氏にお話しいただきました。

そして7日の夜には、出展企業及びご来場者様を交えた150名のレセプションパーティーも初めて実施しました。おかげ様で、EXPO来場者数は昨年を上回る1,981名と多くの方にEXPOにご来場いただき、大盛況のうちに終わりました。

■日本企業への「海外ビジネス支援サービス」のニーズの拡張

会場の相談ブースはゾーン別になっており、「アウトバウンド」「インバウンド」「海外アウトソーシング」が並び、各国のビジネス支援企業や団体が直接商談を行いました。また、展示会場に隣接された「セミナーゾーン」では3つのセミナー会場にて、様々な海外ビジネスセミナーを実施いたしました。海外展開コンサルティング、販路展開、越境EC、海外人材活用、、海外プロモーション、アジアビジネスノウハウ、海外法務、貿易輸出、オフショア開発活用など幅広い内容で開催。みなさん真剣な表情でセミナー情報をメモされていらっしゃいました。

海外市場への期待の高まりや2020年の東京オリンピックに向けたインバウンドビジネスの加速など、様々な背景から海外ビジネスに対する機運は高まり、公的機関のみならず、民間企業への相談要請は高まっています。そういった背景の中、日系企業の海外ビジネス展開に必要なサポート体制作りが必要なことは明確です。

弊社はこれまで700社を超える海外ビジネス支援企業との提携や、1万2000件を超える海外ビジネス相談のマッチング実績を作ってきました。海外ビジネスに特化した「海外ビジネスEXPO」を開催するに至ったのは、海外ビジネスでお困りの企業が直接海外支援企業に相談・商談出来る場を提供してほしいとの声を多数頂いた事に他なりません。

来場者様アンケートを見ても、これから検討を始める企業、海外進出に課題を持つ企業、次の海外展開を考えているという企業ばかりです。そうした企業の海外展開スピードや成功確度を高めるためには、支援するパートナーが不可欠です。今回の「海外ビジネスEXPO2017」でも、その必要性を改めて感じることができました。ご来場者様にいただいたご意見やご要望を元に、来年は11月8日・9日に新たな企画してまいりますので、今後もご注目ください。

■海外ビジネスEXPO2017年概要
https://www.digima-japan.com/event-news/expo2017



-----------------------------------------------------------------------------

<Digima~出島~とは?>

「Digima~出島~」(http://www.digima-japan.com)は、海外進出に関する、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォームです。「グローバル市場で成功する日本企業を10,000社作る」をモットーに、海外進出サポートのプロフェッショナル企業の掲載の他、日系企業の海外展開に必要な情報提供メディアの運営、サービス提供を行っています。

<お問い合わせ先>株式会社Resorz(http://www.resorz.co.jp) 
担当:コミュニケーションデザイン部 高島 TEL:03-6451-2178  E-mail: press@resorz.co.jp




情報提供元:Dream News
記事名:「来場数1981名!海外ビジネスに特化した総合展『海外ビジネスEXPO2017』を開催いたしました。