新規格はPCIe® 4.0アーキテクチャで最大4GB/秒の転送速度を達成

カリフォルニア州サンラモン発--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- SDアソシエーション(SDA)は本日、広く普及しているPCI Express®(PCIe®)4.0規格を使用することでSD Expressメモリカード対応SD 8.0規格で転送速度がさらに向上し、最大で4ギガバイト/秒(GB/秒)近いデータ転送速度を可能としたことを発表しました。新規格準拠のフルサイズSD Expressメモリカードは、最先端のメモリアクセスメカニズムを実現するNVMe Express™(NVMe™)上位レイヤープロトコルを引き続き使用すると共にこれまで同様、下位互換性を維持しています。



「SD Expressがさらに高速なPCIeおよびNVMeアーキテクチャを利用し転送速度向上を実現することで、SDメモリカードを採用するデバイスがさらに広がります。」とFuturesource社の上級市場アナリストMats Larsson氏は語っています。「信頼できる標準規格技術を組み合わせたことで、今後の製品設計において、リムーバブルストレージメディアのメリットを新たな形で容易に利用できるようになります。」

SD Expressのギガバイトスピードは、さまざまな業種の要求性能水準の高い機器に新たなストレージメディアの可能性をもたらします。このカードは、データ量の膨大な無線/有線通信、超低速動画、RAW連続バーストモード、8Kビデオキャプチャー/再生、360度カメラ/ビデオ、カードやモバイルコンピューティングデバイス上で稼働するスピード重視のアプリケーション、進化し続けるゲームシステム、マルチチャネルのIoTデバイス、自動車など例を挙げればきりがありませんが、こうしたものから発生する大量のデータ転送を可能にします。SD ExpressメモリカードはSDHC、SDXCおよびSDUCメモリカードで提供される見込です。

「SD Expressメモリカードのスピードを飛躍的に向上させることで、デバイスメーカーやシステム開発者に提供するストレージメディアの選択肢を増やします。」とSDAの坂本広幸代表社長は語っています。「SD 8.0によって、リムーバブルメモリカードを使用する超高性能ソリューションの可能性もさらに広がるでしょう。」

「PCI-SIG®は、最高峰のリムーバブルメモリカードであるSDメモリカードにSDアソシエーションが引き続き更に高速なPCIe技術規格であるPCIe 4.0インターフェースとデュアルレーンを採用することを歓迎するものです。」とPCI-SIGのAl Yanes社長兼会長は語っています。「PCIe規格仕様適合試験は主要テスト機器ベンダーから利用可能であり、新たにPCIe技術を採用しようとする企業は大きなメリットが得られます。」

「NVMeはクライアントからデータセンター用途まで業界で認められた高性能SSDインターフェースであり、数百万ユニットが出荷されています。」と、NVM Express™ Inc.のAmber Huffman社長は語っています。「SDアソシエーションが最新のSD ExpressメモリカードにNVMeベースの仕様を引き続き採用したことで、ユーザは多大なメリットが得られます。」

SD Expressでは、それぞれPCI-SIGとNVM Expressで定義されているPCIe 4.0仕様と最新のNVMe仕様(バージョン1.4まで)を使用します。SD 8.0規格仕様はSD Expressメモリカードに2種類の転送速度オプションを提供します。それぞれの転送速度はPCIe 3.0 x2またはPCIe 4.0 x1アーキテクチャで最大2GB/秒、PCIe 4.0 x2アーキテクチャで最大4GB/秒を達成します。 PCIe 4.0 x1アーキテクチャを提供するSD Expressメモリカードは、SD 7.0規格仕様で定義されているフォームファクターを使用し2列目のピンで最大2GB/秒の転送速度を実現します。デュアルPCIeレーン(PCIe 3.0 x2またはPCIe 4.0 x2テクノロジー)をサポートするSD Expressメモリカードには3列のピンがあります。

SDAは企業各社が既存のテスト機器を使用し、製品開発コストを節減できるようにすることでSD Expressを容易に導入できるようにしています。SD 8.0規格仕様の場合、システム開発者はバスマスタリング、マルチキュー(ロックメカニズムを使用しない)、ホストメモリーバッファーなど、PCIeとNVMeテクノロジーを引き続き利用できます。

改訂された2つのホワイトペーパー「SD Express Cards with PCIe and NVMe Interfaces」および「SD Express and microSD Express Memory Cards: The Best Choice for Your Future Product Designs」で、SD Expressがもたらすさまざまな機会について詳しく解説しています。詳細は当社のウェブサイトをご覧ください。SDA バーチャルブースにて会員企業が提供するSD Expressソリューション等をご確認頂けます。

SDアソシエーション

SDアソシエーションは、相互運用性があるSD規格の策定に取り組む約900社のテクノロジー企業が連携協調する世界的エコシステムです。SDアソシエーションは、市場をリードするSD技術を利用した家電、ワイヤレス通信、デジタル画像およびネットワーキング製品の開発を促進しています。SD規格はユーザに最も支持されており、信頼性の高い相互運用性と使いやすいフォーマットにより、メモリカード市場の80%以上を占めています。現在、SDの相互運用性はスマートフォン、タブレット、ドローン、IoTデバイス、HDTV、オーディオプレーヤー、自動車、コンピューター、デジタルカメラ、およびデジタルビデオカメラで利用されています。SDアソシエーションまたはSDアソシエーションへの加盟方法に関する詳細につきましては、SDアソシエーションのウェブサイト(https://www.sdcard.org)をご覧ください。

SDロゴはSD-3C LLCの登録商標です。

PCI-SIG

PCI-SIGは、PCI仕様を所有し、オープンな業界規格として管理するコンソーシアムです。会員のニーズと一致する業界標準I/O(入出力)仕様を定義しています。現在、PCI-SIGは業界を主導する会員企業、約800社で構成されています。PCI-SIGの詳細、およびBoard of Directorsのリストについては、www.pcisig.comをご覧ください。PCI Express®はPCI-SIGの登録商標です。

NVM Express, Inc.について

NVM Expressは100社以上の会員からなり、標準ベースのアプローチで、広範なエコシステムにおける高性能低遅延不揮発性メモリ(NVM)ストレージの導入実現に注力している非営利組織です。この組織はオープンなNVM Express(NVMe™)仕様と情報のコレクションを提供し、モバイルからデータセンターまで、あらゆるタイプのコンピューティング環境における不揮発性メモリのメリットを広く公開しています。NVMeベースの仕様は徹底的に、現在および将来のNVMテクノロジーにふさわしい広帯域低遅延ストレージアクセスが実現するように設計されています。詳細につきましては、http://www.nvmexpress.orgをご覧ください。

PCIe® - PCI ExpressはPCI-SIG®が策定した規格であり、PCIe®はPCI-SIGが所有する商標です。

NVMe™ - NVM ExpressTMはNVM Express Inc.が策定した規格であり、NVMe™はNVM Express Inc.が所有する商標です。


Contacts

Kevin Schader
SDアソシエーション
1.925.275.6670
media@sdcard.org

情報提供元:
記事名:「“SD Express” SDメモリカード規格に新たなギガバイトスピード仕様を追加