中国・義烏--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 中国最大で最も影響力のある日用消費財見本市の第25回中国義烏国際小商品(標準化)博覧会(義烏博覧会2019)が、10月25日に大成功のうちに閉幕しました。


5日間のイベントでは、10万平方メートルの展示エリアに2000社を超す企業が出展し、6万314人のプロのバイヤーが来場しました。これは、昨年比で3.17%の増加です。海外バイヤーは8.33%増加して8738人となり、インド、パキスタン、イエメン、韓国、インドネシア、イラク、台湾、エジプト、イラン、マレーシアなど155カ国・地域から集まりました。「一帯一路」沿いの51カ国が参加したことは注目に値します。

以下は、出展者とバイヤーからの評価の一部です。

シリアのアルショーク・H・アフマド氏は、次のように述べています。「義烏は常に驚きに満ちた貴重な街です。12年前、私は義烏に来て最初の取引をしました。現在では、義烏博覧会に7年間出展しています。」

ロシアのArkadii氏は、次のように述べています。「ロシアで輸入業を営んでいた時、義烏の商人とよく取引をしていました。義烏市最大の見本市である義烏博覧会には、中国全土や世界中から高品質製品や新製品が集まります。今年は友達と一緒に来て、皆が欲しいものを見つけました。」

義烏市愛普特照明電器有限公司の黃雲龍総経理は、次のように述べています。「義烏博覧会の広告効果は絶大です。義烏博覧会に10年間参加してきましたが、今では当社にとって最新情報と意見を集める重要な場になっています。今年は、この見本市で多くの海外・国内の見込み顧客に出会いました。」

布法羅機器人科技有限公司の葛正山経理は、次のように述べています。「義烏博覧会が「小商品」に限定されないことは、現場に来るまで知りませんでした。この見本市は、企業イメージを紹介する舞台でもあります。特に義烏博覧会2019では「標準化」遺伝子が導入されており、これにより展示の品質が保証され、業界イメージも向上します。」

杭州思創衛浴潔具有限公司の王加州経理は、次のように述べています。「義烏博覧会は毎年良くなっています。今回は、ミャンマーやレバノンなどの新市場からの多数の注文を含め、多くの注文を受けました。来年は、さらに多くのより良い製品を紹介したいと思います。」

今後、義烏博覧会はサービスを最適化し、来年はより多くの出展者とバイヤーを迎えます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Betty Zhong
service@yiwufair.com

情報提供元:
記事名:「義烏博覧会2019が成功裏に閉幕