この資金により、世界的なセールスおよびマーケティングへのアライの投資が加速し、商品提供の拡大と専門サービスの拡大が実現

シアトル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 目標設定およびビジネス業績管理ソフトウエアを提供するリーディングカンパニーのアライは本日、タイガー・グローバル・マネジメントが主導する1500万ドルのシリーズB資金調達について発表しました。タイガー・グローバル・マネジメントは、フェイスブック、フリップカート、スラック、ストライプといった戦略的革新的企業への投資で知られるニューヨークの投資会社です。以前からの投資家のアクセル、ヴァルカン・キャピタル、ファウンダーズ・コープもこのラウンドに参加しました。


アライは、新興企業や大企業が進化する市場で急ピッチで変化するニーズに対応するための整合性、機敏性、透明性を通じて業績を加速する支援をしています。当社の商品は、目的および主要成果(OKR)の枠組みをベースとしており、これは、グーグルなどの業界リーダーによって一般化したアジャイル・ビジネス経営のための運営モデルです。

2018年の立ち上げ以来、アライのソリューションは、70カ国以上の数百の主要組織に採用されてきました。アライの顧客には、スラック、レミトリー、ドアダッシュ、アーバンクラップ、ナイキ、インビジョンといった急成長新興企業や大企業が含まれます。

シリーズB投資の前には、800万ドルのシリーズAラウンドが今年7月に完了しており、当社の総資金調達額は2600万ドルに達しています。過去3カ月間に、アライは、100を超える新規顧客を迎え、従業員数を倍増させています。

「タイガー・グローバルとパートナーとなることに期待を感じます。また、以前からの投資家のアクセル、ヴァルカン・キャピタル、ファウンダーズ・コープ、リー・フィクセルの強力なご支援に感謝しています。タイガー・グローバルの投資は、新たなビジネス運営システムを作り上げることへのアライの強力な成長軌道とビジョンが認められたことを意味します。当社のシステムは、現代の企業が整合性、機敏性、透明性、そしてデータ主導の遂行を通じて卓越した成果を上げることを可能にするものです」と、アライの創業者で最高経営責任者(CEO)のVetri Velloreは述べています。

アライは、世界的な販売、マーケティング、専門サービスの急速な拡大を継続し、同時に提供商品の拡大に向けて大きな投資を行っていき、新たなビジネス業績管理ソフトウエア分野のリーダーとしての当社の地位を確かなものしていきます。

「あらゆる規模の企業が、整合性と機敏性の高いデータ主導のビジネス・プロセスに移行して成果を改善しています。アライのOKRソリューションは生産性を改善するものであり、Velloreやアライのチームと協力できることに期待を感じています」と、タイガー・グローバルのパートナーのScott Shleiferは述べています。

アライについて:

アライは、戦略的目標設定およびビジネス成果管理ソリューションです。アライは、企業が従来の分断された計画・実行から現代的なOKRベースの枠組みに移行して強力な整合性、機敏性、透明性の推進や従業員の強化を図ることを可能にしています。アライのソリューションは、利用者の日々の仕事の流れの中にスムーズに一体化された一部としてOKRを導入することが驚くほど簡単になっています。プラットフォームにはOKRのベストプラクティスが組み込まれており、Slack、Salesforce、Jira、Smartsheet、Asana、ZenDeskといった企業業務システムにスムーズに一体化することができます。アライの包括的なプロフェッショナル・サービスには、継続的サポート、専用のトレーニング、コーチングが含まれ、導入や変化管理を成功させるためのベストプラクティスを確実に実行できます。2018年の立ち上げ以来、アライは70カ国以上の数百の主要組織に採用されてきました。

詳細については、ally.ioをご覧ください。

当社のキャリア・ページもご覧になり、魅力ある新たな可能性についてご確認ください。

タイガー・グローバル・マネジメントについて:

タイガー・グローバル・マネジメントは、世界的に投資を実行する投資会社です。当社のファンダメンタルズ指向の投資は、主に世界のインターネット、ソフトウエア、金融技術、消費財、資本財のセクターを対象にしています。当社のプライベート・エクイティ戦略は投資期間を10年とし、成長志向の非公開企業を対象にしています。そのような投資先には、Spotify、Harry's、Warby Parker、Peloton、JD.com、Facebook、LinkedIn、Yandex、Mail.ru Group、Despegar、Ola、Flipkartが含まれます。公開株式投資では、個別企業と長期的テーマに対して深いデューデリジェンスを行うことを重視しています。2001年に設立されたタイガー・グローバル・マネジメントは、ニューヨークを本拠とし、香港、シンガポール、バンガロール、メルボルンに関連オフィスを置いています。

アクセルについて:

アクセルは、非公開企業の成長のあらゆる段階を通じて早期から人材と企業に投資する有力なベンチャーキャピタル企業です。当社は過去30年間に、Acko、Atlassian、BlackBuck、BlueStone、BookMyShow、Braintree、BrowserStack、Cloudera、Collectabillia、CureFit、DJI、Dropbox、Etsy、Facebook、Flipkart、Freshworks、Housing-PropTiger、Lookout Security、Mitra Biotech、MuSigma、Myntra、Ola、Paxata、Portea、Qualtrics、Samunnati、Slack、Spotify、Supercell、Swiggy、UrbanClap、Vox Mediaなどの企業を支援してきました。当社は起業家を個人として理解することに努め、その独自性を評価し、その強みに投資するようにしています。なぜなら、偉大さにステレオタイプは無用だからです。詳細については、accel.comまたはwww.twitter.com/accel_indiaをご覧ください。

ヴァルカン・キャピタルについて:

ヴァルカン・キャピタルは、マイクロソフトの共同創業者で慈善家のPaul G. Allenが設立したヴァルカン・インクの数十億ドル規模の投資部門です。ヴァルカン・キャピタルは、多様な業界セクターや資産クラスに渡るプラットフォームの全体で長期的な価値上昇を創出することを重視しており、その投資は、早期段階のベンチャー投資から公開株式のバリュー投資、レバレッジド・バイアウト、買収、ディストレスト・シチュエーションにわたっています。詳細については、capital.vulcan.comまたはwww.twitter.com/VulcanIncをご覧ください。

ファウンダーズ・コープについて:

ファウンダーズ・コープは、創業者によって創業者のために作られたシード段階ベンチャー・ファンドです。シアトルに本拠を置き、世界最高のグロース投資家が支援することを望む企業を太平洋岸北西部の力強い起業家が構築する支援をしています。この地域で最大で最も歴史の長いシード段階専門ファンドとして、当社は早期段階の創業者が信頼できるパートナーであり、シード段階以後を対象とする域外の投資家に信頼される太平洋岸北西部の投資案件アクセス手段となっています。詳細については、founderscoop.comまたはwww.twitter.com/founderscoopをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Jessica Baum
press@gotoally.com

情報提供元:
記事名:「OKRソリューションのリーディングカンパニーのアライがタイガー・グローバル・マネジメント主導のシリーズB資金調達で1500万ドルを調達