米フロリダ州コーラルゲーブルズ--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- 連邦航空局(FAA)はボーイング 777-200型機へのAerSale® AerTrak®システムの搭載に関し、追加型式設計承認(STC)のNo. ST04184NY を発行しました。これはAerTrakシステムがFAAによる次世代航空輸送システム(NextGen)の不可欠な部分である放送型自動従属監視(ADS-B)運用規則に準拠していることを認めるものです。FAAは14 CFR § 91.225で規定される空域を運航する航空機に対し、14 CFR § 91.227の最低性能要件を満たすADS-B Outシステムを2020年1月1日までに搭載することを義務付けています。FAAはこれまで、ボーイング737クラシック型機および737 NG 型機(ST04009NY)、ボーイング757-200型機(ST04011NY)へのAerTrak搭載を承認しています。


ADS-Bは、全地球測位システム(GPS)信号によって精密な追跡を行うことで、航行の精度を高めます。この技術はリスクを低下させて安全性を向上させ、特にレーダーが届かない遠隔地において、航法システムのカバー範囲を拡大します。さらに、ADS-Bは、より直接的な飛行計画を可能にしますので、時間と費用を節約でき、排出ガスを削減できます。

AerSaleのニコラス・フィナッツォ執行会長は、次のように語っています。「AerTrakは当社顧客がコスト効率よく短期間にADS-B運用規則に準拠できるように当社が開発した革新的なエンジニアード・ソリューションです。AerSaleは、これらの技術的に高度な独自のエンジニアード・ソリューションを先見的に創出することで、準拠期限の十分前に新たな規制令に従うことができるようにしています。」

AerSaleのIso Nezaj最高技術責任者(CTO)は、次のように語っています。「今回の承認により、ボーイング777-200型機を運用する企業はボーイング737クラシック、737 NG、757-200型機を運用する企業と同様に、目前の期限の前に容易にADS-B Outへの準拠を簡単に済ませることができます。大幅なコスト削減に加え、AerTrakはOEMトランスポンダーとMMRのどの組み合わせでも使用でき、既存の大部分の航空電子機器やコックピット・コントロールとシームレスに統合できるため、特に魅力的なソリューションです。」

AerTrakのキットには、必要なパーツがすべて含まれ、世界中のどのハンガーでもAerSaleの技師による設置が可能です。AerTrakを注文される場合の待ち日数は現在4週間であり、事業者は、2020年の準拠期限が近づくことによる整備施設の空き待ち、部品不足、価格の上昇を避けることができます。

AerTrakなどのAerSaleの革新的なエンジニアード・ソリューションには、交換部品のコストを削減し、規制当局のマンデートや推奨事項に準拠するためのコスト削減手段を提供するよう設計された社内の代替修理・改修が含まれます。このようなエンジニアード・ソリューションは、不稼働時間を削減し、航空機のアップグレードに必要な設備投資を低減し、航空機の耐用年数を延ばします。

AerSaleについて

世界的な航空リーダーのAerSaleは、中古商用航空機、エンジン、部品のアフターマーケット・プロバイダーであり、商用・政府用航空機と部品のために広範なMROやエンジニアリングのサービスも提供しています。AerSaleは、耐用年数を経た航空機やエンジンの所有者に、資産管理サービスも提供しています。フロリダ州コーラルゲーブルズに本社を置くAerSaleは、米国・欧州・アジアで営業所と業務を維持しています。

詳細については、当社のウェブサイト(www.aersale.com)をご覧になるか、電話(305-764-3200)または電子メール(media.relations@aersale.com)でAerSale Media Relationsまでお問い合わせください。

当社のフォローをお願いします:

リンクトイン | ツイッター | フェイスブック | インスタグラム

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20191009005685/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Lyndelle Nieuwkerk
(305) 764-3200
media.relations@aersale.com

情報提供元:
記事名:「FAAがボーイング777-200型機向けAerTrakの放送型自動従属監視(ADS-B)運用マンデートへの準拠を承認