リヒテンシュタイン・ファドゥーツ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2019年7月30日-aBeyファウンデーションは本日、世界初の電子商取引中心高速ブロックチェーンの一般公開の1周年に際して、その普及率を発表しました。aBeyのチーフ科学者で共同創立者のCiprian Pungila博士は、このように述べています。「2018年7月30日にaBeyが一般に公開され、その後最初の12カ月間にアクティブ・ユーザー数は10万人を超えました。aBeyの成長率は、ビットコインの初期の成長率を8倍以上上回っています。」



重要な早期採用者のaPayシステムズ(マルタの大量オンライン支払処理会社)は、自社サービスの技術的基盤としてaBeyブロックチェーンを選択しました。最高経営責任者(CEO)のPhilipp Saurborn氏は、こう語っています。「チェーン間運用を行う支払業者として毎秒最大10万件の取引を処理する当社のB2BおよびB2Cユーザーは、取引の素早い完了を要求しています。aBeyのブロックチェーンに移行する前は、取引は著名なブロックチェーンに書き込まれ、その完了には数時間から数日の時間がかかっていました。今では、aBeyにより、どの取引もミリ秒単位で完了できます。企業や消費者が要求するこれほどのスピードと柔軟性を提供できるブロックチェーンはほかにありません。」

Saurborn氏は、この述べています。「質の高いデータの提供に依存する企業にとっては、利用者による自発的データ提供やプラットフォームでのやり取りに対して報酬を与えることが、将来の優れた収益モデルの1つとなります。aBeyブロックチェーンを利用する小売企業は、購入者によるデータの提供、共有、調査への回答、キャンペーンへの参加、紹介、投票、比較、レビュー、いいね、宣伝、試験、利用などに対して報酬を提供することができ、aBeyには無限の可能性があります。aBeyブロックチェーンを利用する小売企業は、顧客の獲得、維持、意欲向上を行いながら、信頼関係を構築することができ、これはすべて顧客のコンバージョンや維持の重要な要素となります。」

aBeyの主要機能には、毎秒最大10万件の取引をサポートするスピード(SpringerNatureとAcademia.eduで検証済み)、返金対応の取引(世界初)、貸し出し(Vault Lending Gatewaysを使用した瞬時コンプライアンス確認による即時貸し出しを含みます)(世界初)、アフィリエイト・マーケティング紹介のサポート、Trusted Payments Gatewaysを使用した手数料支払い(世界初)、チェーンでの支払処理、シンプルな仮想通貨ウォレットがあります。覚えにくい長い数字を置き換えるアカウント名のオプションはaBeyでは標準機能となっており、他のブロックチェーンのような有料サービスではありませんので、ネットワーク内の非許可型ユーザーを発見できる可能性が大きく高まっています。豊富な機能を持つWordPressプラグインのaBeyWPPが2020年初めにリリースされ、7500万個以上のウェブサイトでクリック・ツー・バイ機能と取引ステータス機能が利用可能になります。

Saurborn氏は、「aBeyの非許可型ブロックチェーンと分散台帳技術を当社の許可型aPayブロックチェーン・サービスに統合することで、当社もクライアントも規制当局も安心することができます」と述べています。

Pungilaは、「aBeyは世界で最も高速で最も柔軟性の高いオープンソース・ブロックチェーンとなるように設計・構築されています。Pungila said. 目を見張るペースで導入が続いており、aBey上でほかにどのようなアプリケーションが構築されるか楽しみです」と語っています。

リヒテンシュタインの非営利団体のaBeyファウンデーションが、無料のオープンソースaBeyブロックチェーンにガバナンスを提供しています。http://abey.org

aBeyメディア向け解説キットをダウンロードいただけます。英語版はhttp://bit.ly/abey3、中国語版はhttp://bit.ly/abey5です。また、http://abey.comもご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Simon Cousins, +1 347 850-3360

 

情報提供元:
記事名:「電子商取引中心ブロックチェーンのaBeyが驚きの普及状況を発表