ウィーン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ウィーンのホーフブルク宮殿で本日開催された栄誉あるワールド・ブランディング・アワーズ・アニマリス部門の豪華な授賞式で、38カ国の114のブランドが「年間最優秀ブランド」に選ばれました。アニマリス部門はペット・動物ブランドに特化した賞です。


グローバル賞は、アニマルプラネット、バディーレスト(BuddyRest)、フロントライン(FRONTLINE)、ファーミネーター(FURminator)、コング(KONG)、オリジン(ORIJEN)、ペディグリー、ペットプラン、ピュリナ・フリスキーズ、テトラ、ウィスカスの各ブランドが受賞しました。

リージョナル賞は、エクソ・テラ(Exo-Terra)とフルーバル(カナダ)、ビタクラフト(ドイツ)、フッセ(husse)(スウェーデン)、キット・キャット(シンガポール)、ペットスマート(PetSmart)(米国)の各ブランドが受賞しました。

日本ブランドはこの賞で旋風を巻き起こし、イオンペット(ペットショップ・チェーン)、チャオ(キャットフード - 缶詰、パウチ)、ひかり(フィッシュフード)、ペットインロイヤル(ペット宿泊施設 - ペットホテル)、ペティオ(おやつ)、ユニチャーム(ペット用トイレ)、ビタワン(ドッグフード - ドライ、粒)を含む7ブランドが受賞しました。

4つの動物福祉団体のデビッド・シェルドリック・ワイルドライフ・トラスト、フォア・ポウズ・インターナショナル、ジェーン・グッドール・インスティテュート、ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナルも、動物とその生息地の保全・保護への熱心な活動と献身が評価されました。

この賞は世界の最高レベルのブランドの業績を表彰するものです。受賞ブランドは、ブランド価値、消費者市場調査、一般オンライン投票の3つの流れで独自に評価されます。どのブランドも、それぞれの部門で「年間最優秀ブランド」に選ばれたブランドです。

ワールド・ブランディング・フォーラムのリチャード・ロウルズ会長は、次のように述べています。「この賞のアニマリス部門は、ペット・動物業界の絶え間なく変化する市場でブランドの存在感の構築・維持に努めるチームの不断の努力を表彰するものです。」

ワールド・ブランディング・フォーラムのマネジングディレクターのジュリアン・アンダーセンは、次のように述べています。「世界中の9万5000人以上のペット・動物愛好家が、1000を超えるブランドに投票しました。大変厳しいコンテストでした。優れたブランドは、顧客に有意義な経験を提供しつつ、関連性と独自性を保つ必要があります。」

この賞は、世界中のブランディングの基準を高めることを目指す世界的非営利団体であるワールド・ブランディング・フォーラムが主催しています。当フォーラムは、さまざまな教育プログラムを企画・後援し、一流大学や美術館と共同運営しています。当フォーラムは、今年の冬に第10回ワールド・ブランディング・アワーズの授賞式を本拠地のケンジントン宮殿で開催します。

このイベントでは、オーストリアのラジオFM4のスチュアート・フリーマン氏が司会を務めました。詳細および受賞ブランドの全リストは、awards.brandingforum.orgをご覧ください。

###

ワールド・ブランディング・アワーズについて

ワールド・ブランディング・アワーズは、登録非営利組織であるワールド・ブランディング・フォーラムの主要な賞です。この賞は、世界の最も優れたいくつかのブランドの業績を表彰するものです。この賞は3つの主要な層から構成されています。グローバル賞は世界的なブランドに、リージョナル賞は地理的地域を対象とするブランドに、ナショナル賞は現地国でよく知られたブランドに贈られます。詳細はhttps://awards.brandingforum.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Hannah Tamara Lee
Tel: +44 (0) 20 3743 9880
hannah.lee@brandingforum.org

情報提供元:
記事名:「日本のペット・動物ブランドが2019年ワールド・ブランディング・アワーズのアニマリス部門で勝利