クラウドネイティブのVNFをティア1モバイル通信事業者数社に大規模・ライブ展開したことにより、劇的に異なる経済・ビジネスモデルが可能に

米テキサス州リチャードソン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 通信サービスプロバイダー(CSP)のモバイルネットワークの経済性を変革するマベニアは本日、業界をリードする当社のネットワーク機能仮想化(NFV)およびコンテナ管理オーケストレーション(MANO)プラットフォーム「CloudRange™」が世界のティア1モバイル通信事業者数社に大規模導入され活用されていると発表しました。マベニアは、vEPC、vSBC、vIMSなど、包括的でクラウドネイティブな仮想化ネットワーク機能(VNF)を展開し、VoLTEやRCS、さまざまなIMSサービスアプリケーションを消費者および企業向けにサポートする一方、NFVで約束されるもの、つまりビジネスアジリティーやネットワーク弾力性の向上、新たな商業機会獲得を実現してきました。


CloudRange™により、CSPは新たなサービスを従来以上に広範、迅速、効率的に開始、スケーリングできるため、新たな収入源を得ることができます。CloudRange™には以下のような機能があります。

  • ライフサイクル管理
  • クローズドループの自動化によりネットワークがプログラム可能となり、ネットワークのスラインシングを実現
  • クラウドネイティブでウェブスケールのアーキテクチャー
  • 無線、コア、アプリケーションすべてにわたり動作し、実用的な展開が可能。例えばネットワークの加入者データやインテリジェンスの取得、MVNOネットワークの設定、ネットワークアップグレードなどをマルチベンダーのNFVオープンスタックに展開された中で可能

マベニア社長兼最高経営責任者(CEO)のPardeep Kohliは、次のように語っています。「昨年当社がCloudRange™を発表した時、CloudRange™は市場シェアやARPUの低下の問題に応えるためのものでした。市場シェアやARPUの低下は、モバイル通信事業者がソフトウェアのみの手段でコスト削減や収入増、新たなビジネスモデル創出をする必要があるということを示唆していました。そして1年後の今、CloudRange™は非常に大規模展開されたNFVで実際に活用されています。マベニアのエンドツーエンド仮想化ネットワーク機能(VNF)により、通信事業者は既存の事業と円滑に統合可能な新たなサービスや機能を開始でき、また加入者の振舞いや進化を続ける新技術に合わせて展開を調整できる柔軟性も得ることができる一方、レガシーサプライヤーに拘束されることや独自方式を避けることができます。」

CloudRange™は完全自動のNFVソリューションであり、クラウドネイティブでウェブスケールのアーキテクチャーで構築され、モバイル通信事業者のネットワーク経費を劇的に低下させるとともに、スケーラビリティー、効率化、ゼロタッチ自動化機能を備えています。また CloudRange™を使用することで、マベニアのクラウドネイティブなマイクロサービスによるステートレスアプリケーションを管理することもできます。

CloudRangeにより、通信事業者はVNFやコンテナ資産のオーケストレーションや管理を非常に効率化でき、コストも削減できます。これはCloudRangeが追加インフラ要素としてトラフィックアグリゲーションやロードバランシング、エンドツーエンドのサービス保証などを含み、それらがアナリティクス、モニタリング、オーケストレーション機能を備えているためです。またCloudRangeは仮想タップ/トラフィックモニタリングやオープンネットワーキングスイッチも含み、それらがマベニアのSDNコントローラーで完全制御・管理されることから、完全で包括的な運用制御を保証します。

マベニアについて:

マベニアは通信サービスプロバイダー(CSP)のためのモバイルネットワーク経済のあり方を変革することに専心しています。当社の革新的ソリューションは 100%ソフトウエアベースのエンドツーエンドのクラウドネイティブネットワークソリューションによって5Gへの道を開きます。マベニアはVoLTE、 VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、vEPC、クラウドRANにおいて他社に先駆けて達成した業界有数の成果を活用しながら、 130カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

当社は俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブ スケールの経済を達成するソリューションにより、マベニアは経費削減収益確保収益保護の支援をCSPに提供します。詳細はmavenir.comをご覧ください。

Mavenir、Mロゴ、Cloud Rangeはマベニア・システムズが所有する商標です。

Copyright © 2018 Mavenir Systems, Inc. All Rights Reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Maryvonne Tubb
Mavenir
PR@mavenir.com
または
Lydia Fakhouri
MatterNow
mavenir@matternow.com
または
Kevin Taylor
GlobalResultsPR
mavenir@globalresultspr.com

情報提供元:
記事名:「マベニアが全世界のNFV CloudRange™プラットフォームにエンドツーエンドの仮想化ネットワーク機能を展開