サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード国王が第1回リヤド国際人道フォーラムを開会、サウジ支援プラットフォームを立ち上げ

サウジアラビア・リヤド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界の有力国際人道支援機関のリーダーや代表が、サウジアラビアのインターコンチネンタルホテル・リヤドで2018年2月26~27日に開催されたリヤド国際人道フォーラムに集結しました。フォーラムの主要議題は、人道的支援、人道資金の調達と支援能力、人道支援分野における革新と改革、支援の現地個別化の4点です。フォーラムは、人道支援の必要性の世界的拡大に対応する上で国際支援・救済コミュニティーが抱える課題の解決を目的としています。



サルマン国王人道援助救援センター(KSrelief)の支援者である二聖モスクの守護者のサルマン・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード国王が、サウジアラビアで開催される第1回国際人道フォーラムの開会を宣言し、中東地域初のサウジ支援プログラムを立ち上げました。

王立裁判所顧問でKSrelief統括責任者のアブドゥラ・アル・ラビーア閣下(博士)は、プラットフォームの発表に際して次のように述べています。「KSreliefは本日、サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード国王の指導と支援の下、サウジ支援プラットフォームを立ち上げる栄誉に預かりました。このプラットフォームは、最も高い国際基準に沿って考案されたこの種のものとして中東初の試みであり、サウジアラビアの省庁および関連機関も参加するサウジアラビア王国による援助、人道支援、開発への取り組みを反映しています。」

「KSreliefは本日また、人道支援・援助分野の科学的な研究に関するKSreliefの新たな科学的出版物『International Humanitarian Journal』の電子版創刊号の発行を発表します。その目的は、人道的支援と援助を必要とする分野に支援の手を差し伸べ、人道的活動の一段の発展を促すことにあります。」

「KSreliefは、120の国連機関および国内外の機関と強力なパートナーシップを築いてきました。その多くの機関がこの第1回世界人道フォーラムに出席しており、人道的研究とボランティア活動の国際的なリソースの中心地を構築するという目的に貢献することになります。このパートナーシップは、人道的活動の価値を高め、サウジアラビアの『ビジョン2030』に沿ってこうした活動におけるサウジアラビアの主導的な役割を強化するために不可欠のものです。」

プレスリリース全文へのリンク

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

for KSrelief
Victoria Johnson, +971569327530
v.johnson@onecmg.com

情報提供元:
記事名:「人道支援のリーダー達がサウジアラビアに集結して人道支援における革新と改革について協議