Glamo Smart Lock 01


IRU-03ZWIF(ES)


ワンタイム暗証番号をスマホから発行して宿泊客に伝える。


住戸のスマートロックは解錠できるが、フロントオートロックの解錠ができない。

株式会社グラモ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 功、以下 グラモ)は、本日2018年6月13日(水)、グラモの家電制御装置である『iRemocon』と連携するスマートロック製品『Glamo Smart Lock』に対応するフロントオートロック制御ユニット『IRU-03ZWIF(ES)』を開発しましたので発表いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158700/LL_img_158700_1.png
Glamo Smart Lock 01

『Glamo Smart Lock』は簡易交換型の一般的なスマートロック製品とは異なり、大規模運用にも耐えうるシリンダー交換型の強靭なスマートロック製品です。基本的な「鍵」に求められる耐久性や信頼性を担保したシリンダー交換型でありながら、クラウドサーバーと連携する先進の機能を実現した新しいコンセプトのスマートロック製品です。グラモの『Smart Coordination System』により、遠隔での鍵交換や、ワンタイム暗証番号鍵の発行、鍵の施解錠、家電やセンサーと連携させた自動制御も可能です。

今回、フロントオートロック制御ユニット『IRU-03ZWIF(ES)』と連携することで、マンション等に設置されたフロントオートロックの解錠も可能となり、エントランスホール~各住戸の玄関までを同一の鍵(カードキー、ワンタイム暗証番号、スマホ等、ユーザー任意に選択可能)でワンストップに解錠可能となりました。尚、ユーザーが追加で住戸のスマートロックに登録したスペアキーも自動的にフロントオートロック側に同期されます。これにより、メンテナンス業者や民泊利用など、一時的な来訪者に入室させる際にも、電話でワンタイム暗証番号を伝えるだけで、物理的な鍵の受け渡し無しで入室が可能となります。


「Glamo Smart Lock」製品サイト
http://i-remocon.com/glamo-smart-lock/index.html
お問い合わせ
http://i-remocon.com/contact

<製品画像>
Glamo Smart Lock
https://www.atpress.ne.jp/releases/158700/img_158700_1.png
フロントオートロック制御ユニット『IRU-03ZWIF (ES)』
https://www.atpress.ne.jp/releases/158700/img_158700_2.png


【従来のスマートロックの問題点(民泊の例)】
カード等の物理的な「鍵」の受け渡しをせずに、ワンタイム暗証番号等で宿泊客にロックを解錠させようとした場合、各住戸のロックは解除できるが、エントランスホールのロックは解除できないといった問題がありました。

(1) ワンタイム暗証番号をスマホから発行して宿泊客に伝える。
https://www.atpress.ne.jp/releases/158700/img_158700_3.png

(2) 住戸のスマートロックは解錠できるが、フロントオートロックの解錠ができない。
https://www.atpress.ne.jp/releases/158700/img_158700_4.png


【Glamo Smart Lockの場合(民泊の例)】
Glamo Smart Lockとフロントオートロック制御ユニット『IRU-03ZWIF(ES)』を連携させることにより、スマホから発行したワンタイム暗証番号や、ユーザーが発行したスペアカード等の情報が自動で同期され、エントランスや各住戸の玄関を同じ鍵で解錠可能となります。

(1) ワンタイム暗証番号をスマホから発行して宿泊客に伝える。
https://www.atpress.ne.jp/releases/158700/img_158700_3.png

(2) エントランスホールと各住戸のドアロックに鍵情報が自動同期。
https://www.atpress.ne.jp/releases/158700/img_158700_5.png


【構成図】
https://www.atpress.ne.jp/releases/158700/img_158700_6.png


【Glamo Smart Lockの特徴】
コスト削減や利便性の向上のために導入したスマートロック製品にトラブルが発生し、逆にコスト増となる事例が多くあります。『Glamo Smart Lock』は、大規模物件に対して導入・管理することを前提にしており、導入後のトラブル発生の削減を重視した製品です。

<グラモ製品との連携>
iRemoconとの連携はもちろん、グラモの展開する分電盤設置型電力計測器やスマートメーターとの連携などのHEMS機能、床暖房や給湯器との連携、Echonet Lite制御機器といった各種製品と連携することにより、家電制御~HEMS~鍵まで様々なニーズにワンストップで対応が可能です。
iRemocon
https://www.atpress.ne.jp/releases/158700/img_158700_7.png

<手動式+電動式>
鍵の閉め忘れには遠隔で電動施錠、通常は手動での施錠・解錠操作が可能です。
(設定により、電動式のみの動作も可能です。)
→電池の長寿命化を実現
→立て付けの悪いドアに対しても自分で力を加減でき対応可能
→モーター等の可動部の長寿命化

<シリンダー交換式>
シリンダーごと交換することにより、退去時等のシリンダーの交換手間、コストを削減します。また、ピッキングなども防止します。もちろん、ドアの穴あけやビス止めなどの加工も不要です。

<カード/暗証番号対応>
専用カードや暗証番号を鍵の代わりに利用できますので、スマホが無くても利用できます。

<素材>
室外側はメタル、室内側は強化プラスチックとなっており、強靭な構造です。

<大規模管理システムもご用意>
全国規模の数万戸単位の賃貸や民泊等の管理にも利用できる。

Glamo Smart Lock製品画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/158700/img_158700_8.png


■会社概要
社名 : 株式会社グラモ
代表者 : 代表取締役社長 後藤 功
設立 : 2011年2月2日
資本金 : 80,000,000円
資本準備金: 131,740,590円
所在地 : 東京都豊島区東池袋3-23-13 池袋KSビル6階
URL : http://glamo.co.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「ワンタイム暗証番号で解錠でき、民泊にも完全対応 家電と連携する鍵『Glamo Smart Lock』がフロントオートロックに対応。