グルテンフリーのバインミー専門店
米粉100%のフランスパンを使った、グルテンフリーのバインミー専門店「Banh mi Tokyo(バインミートーキョー)」が、2020年3月16日、東京・表参道にオープンしました。

日本人の身体に合わせたバインミー
同店ではベトナムのソウルフード「バインミー」を、日本人の味覚に合わせた“ジャパニーズスタイル”として開発しました。

パンは天然酵母を使った米粉100%のフランスパンに改良。本場のバインミーで通常使われるマーガリンやラード、乳脂肪分は身体に負担をかけるため、ナッツや米糀甘酒を代用しています。これにより脂質を抑え、グルテンフリーで罪悪感の少ないバインミーに仕上がりました。

日本とベトナムの食文化が融合
同店では調味料にもこだわりが。シーズニングには丸大豆100%の熟成“豆たまり”を採用。またベトナムで広く食べられる魚醤・ヌクマムの代わりに、日本らしい“しょっつる”(魚醤)を使い、「ジャパニーズ・ベトナミーズ」を表現しています。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ぽかぽかてーぶるのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000046404.html

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「日本初!グルテンフリーで身体にやさしいバインミー専門店OPEN