「109シネマズグランベリーモール」がリニューアル
2017年2月12日に休館した「109シネマズグランベリーモール」が、2019年11月13日に「109シネマズグランベリーパーク」としてリニューアルオープンします。

株式会社東急レクリエーションが運営する「109シネマズグランベリーパーク」は、10スクリーン・1498席を完備したシネマコンプレックス。

「グランピング」をコンセプトとした館内ではおかわり自由のドリンクバーを設置。できでき立てのポップコーンやこだわりのフードメニューとともに楽しめます。

話題沸騰中の映像システムを初導入
「109シネマズグランベリーパーク」では、生地が厚めで高級感のある「モッツエスポア生地」を全席で採用。さらにエグゼクティブシートにはリクライニング機能と専用テーブルが完備されています。

メインシアターのIMAX(R)デジタルシアターは「IMAX(R)レーザー」に進化。革新的な4Kレーザー投影システムと最新の12chサウンドシステムで圧倒的な臨場感を実現します。

109シネマズ初導入となる「4DX with ScreenX(R)」では、動くシートに水や風などのエフェクト、視界いっぱいの270度映像で最高の映画体験を楽しめます。

※IMAX(R) is a registered trademark of IMAX Corporation.IMAX 3D and IMAX DMR are trademarks of IMAX Corporation.

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社東急レクリエーションのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

※株式会社東急レクリエーション
https://www.tokyu-rec.co.jp

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「「グランピング」がコンセプトのシネコンが11月に登場