2020年は、コロナ禍、長梅雨、猛暑と、例年とは異なる過酷な環境が続いています。
新しい生活様式として、自宅でのリモートワークをする人も増えていますが、その一方で、屋外で働く人たちがいます。
ライオン株式会社(以下、ライオン)は、屋外で働く人がいる172家庭を対象に、「仕事と汗と洗濯に関する調査」を実施しました。

屋外で働く人の2人に1人は“例年以上”に汗をかいていると実感
調査の対象は、自分または配偶者など同居家族が屋外で働いている172家庭(内訳:屋外で働いている本人が回答82人、屋外で働いている人の家族が回答90人)です。
回答者本人が屋外で働く82人に、仕事中の汗について聞きました。
すると、約9割(87.8%)が「汗をかくことが多い」と回答。また、半数以上が「例年よりも汗をかくことが増えた」と実感しています。

約8割が気にする「自分の汗のニオイ」約半数が「朝」から自分の汗臭を気にしている
次に、仕事をする際に気にしていることを聞きました。結果は、「マスクをつけること」(84.1%)、「水分を補給すること」(81.7%)、「熱中症に気をつけること」(81.7%)に次いで、約8割が「汗などのニオイがしないか」(75.6%)と、自分の汗臭を気にしています。
そこで、自分の汗臭が気になる時間帯を聞くと、「昼・午後」(84.1%)が最も多くなっていますが、半数近くは「朝・午前中」(45.1%)から気になると答えています。
2020年の夏、屋外で働く人の多くが、「汗臭」を気にしながら働いていることが分かりました。

約7割の家庭が今年の洗濯は「部屋干しの回数が増えた」と回答
また今年の洗濯で増えたことを聞くと、最も多かったのは「部屋干しの回数」(70.3%)であり、「洗濯物の量」(62.8%)、「洗濯の回数」(62.2%)に比べて多くなっていました。
次に、洗濯をしているときに気になるニオイ汚れを聞くと、「生乾き臭」(91.9%)が最も多く、「部屋干し臭」(86.6%)、「汗臭」(81.4%)の順となりました。

「生乾き臭」「部屋干し臭」「汗臭」「加齢臭」「ペット臭」の5つは洗濯で落としたい5大ニオイ汚れといわれ、部屋干しの回数が増えているだけに、より気になるのかもしれません。

屋外で働く人の「汗臭」にも9割が太鼓判!『トップ スーパー NANOX ニオイ専用』
『トップ スーパー NANOX ニオイ専用』は、消臭科学から生まれたニオイ専用高濃度洗剤で、5大ニオイ汚れを消臭&防臭(※)します。
実際に使った方からニオイ落ちの感想を聞くと、「部屋干し臭」、「汗臭」は約9割、「生乾き臭」は約8割の方がニオイ落ち効果を実感しています。
(※生物・物理・感覚・化学的消臭によるトータルアプローチ。すべてのニオイが無臭になるわけではありません。)

部屋干し臭や汗臭が気になっていた方の救世主となるかも。
洗濯物のニオイ残りや、日中の汗臭が気になる方はぜひお試しください。

【参考】
※トップ スーパーNANOX ニオイ専用 公式HP
https://top.lion.co.jp/products/nanox-nioi/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「今夏は“ニオイ悩み”が増加!約半数が「朝から汗臭が気になる」と回答