昨今、新型コロナウイルスの影響を受けて、企業の在宅勤務の導入や外出控えなど、在宅時間は増加傾向にあります。
そこでパナソニック株式会社は、事前調査で「新型コロナウイルスの影響により在宅時間が増えた」(とても増えた 53%・どちらかというと増えた 47%)と回答した男女を対象として、在宅時間の増加による休息状況の変化や、自宅の環境の変化などについて調査しました。

平均4.4時間増!約6割が「自宅で過ごす時間の充実」を意識するように
はじめに、新型コロナウイルスの流行以前と以後の「自宅時間」の長さについて調べました。
流行以前(1月以前を目安)とそれ以降、現在までの自宅で過ごす時間の平均を調べたところ、流行以前は平均10.0時間、以後は平均14.4時間と、平均4.4時間の増加が見られました。
自宅で過ごす時間が増えたことでの意識の変化について聞くと、64%が「自宅で過ごす時間の充実を意識するようになった」、55%が「自宅の環境の充実を意識するようになった(環境:家具・家電・インテリア等全般)」と答えています。

自宅時間は増えたのに…約4人に1人が「休息時間」減の実感。ストレス、イライラも… 
自宅時間の増加と休息時間の状況について質問したところ、24%と約4人に1人が「自宅時間は増えたが、休息時間は減った・減ったように感じる」と回答。
休憩時間が減ったことによる影響を見ると、「ストレス解消不足」(50%)、「余裕のなさ・イライラ」(46%)、「体の不調(疲れがとれない、体のコリなど)」(45%)など、生活へのネガティブな影響が感じられる項目が並んでいます。

全体の約半数が「自宅でのセルフケアを取り入れるようになった」と回答
最後に、こうしたネガティブな影響への対策や、自宅時間のさらなる充実を図るための「自宅でのセルフケア」についても調査を行いました。
まず、新型コロナウイルス流行以前と比較した「自宅でのセルフケア」への関心と実践状況を聞くと、約6割が「自宅でできるセルフケアについて興味を持つようになった」(57%)と回答。
そして、全体の約半数の人が「自宅でのセルフケアを取り入れるようになった」(49%)と実際に何らかのケアを取り入れていることが分かりました。

リフレッシュタイムに。ライフスタイルにあわせて選べる、パナソニックの健康家電
今回の調査では、自宅で過ごす時間が増えたことで、自宅時間・環境の充実が求められていることと同時に、それに伴う不調を解消するためのセルフケアが求められていることが明らかになりました。
パナソニックでは、自宅での快適なリフレッシュタイムをサポートするさまざまな健康家電を開発しています。

8月に新たに発売したシリーズ最上位機種、「リアルプロ(EP-MA101)」は、コリをピンポイントでとらえるパナソニック独自の「モミ玉制御技術」でプロの手技を追及し、充実の全身マッサージと快適な操作性で別格のリラックスタイムを実現。
また、長く清潔に使えるよう、気になるパーツが洗濯できる、洗える「足裏カバー」を採用しています。
8月に新発売した「マッサージソファ(EP-M65)」は、部屋のインテリアになじむ洗練されたデザインとコンパクトさに、充実のマッサージ機能を兼ね備えたマッサージソファです。
カバー類(ファブリックのみ)は取り外して手洗いができ、気になるパーツをいつでも清潔に保ちながら使用できます。
また、脚全体のケアができるエアーマッサージャー「レッグリフレ EW-RA99」や、骨盤とおしりのケアができるエアーマッサージャー「コードレス 骨盤おしりリフレ EW-RA79」など、さまざまな生活スタイルやニーズにあわせたマッサージアイテムがラインナップ。自宅でのセルフケアにおすすめです。

快適な在宅期間のためにもこうしたアイテムを活用し、ストレスをためないようリフレッシュを心がけましょう。

【参考】
※リアルプロ(EP-MA101)
https://panasonic.jp/massage/products/ep-ma101.html

※マッサージソファ(EP-M65)
https://panasonic.jp/massage/products/ep-mp65.html

※レッグリフレ EW-RA99
https://panasonic.jp/massage_parts/products/ew-ra99.html

※コードレス 骨盤おしりリフレ EW-RA79
https://panasonic.jp/massage_parts/products/ew-ra79.html

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「コロナ禍で自宅時間はアップでも休息時間はダウン!「自宅でのセルフケア」を約半数が実践