バイエル薬品株式会社は、見えることの大切さを訴求することで、人々の目の健康への意識を行動へとつなげて欲しいとの思いから立ち上げた「見えるを見つめる。」プロジェクトを展開しています。
その一環として、今年6月に没後50年を迎えるヘレン・ケラーのエッセイ「Three Days to See」を元に制作したオリジナル動画「もし私の目が三日間だけ見えるとしたら」を特設サイト「見えるを見つめる.com」にて公開。合わせてこれを記念し、プロフィギュアスケーターの織田信成さんなどのゲストを招いた発表イベントが開催されました。

見えることの大切さを改めて感じられる動画
発表された動画は、盲ろう者であったヘレン・ケラーが生きたニューヨークが舞台。「もし私の目が三日間だけ見えるとしたら」という仮定のもと、見てみたいものを挙げていき、それに対する彼女の想いを綴るという内容になっています。

バイエル薬品がこれまでに実施した意識調査(※)では、一般の人々が「目の健康に対する高い意識を持っている」にも関わらず、「目の健康を守る行動が十分に取られていない」という現状が明らかになっています。
そこで、より多くの人々が見えることの大切さを改めて実感し、目の健康への意識を保つことにより、目の健康を守る行動へとつなげてほしいと考え、本動画は制作されました。
動画には、ヘレン・ケラーが描写する美しい世界と示唆に富むメッセージを多くの人に視聴してもらい、目の健康の大切さを再確認してもらいたいという願いが込められています。

「見えるを見つめる。」を考えるトークショー
動画の上映後には「見えるを見つめる。」をテーマに、プロフィギュアスケーターの織田信成さん、暗闇のソーシャル・エンターテインメントである「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の理事であり、心にトラブルを抱えるバースセラピストでもある志村季世恵さん、理化学研究所 網膜再生医療研究開発プロジェクトのプロジェクトリーダーである高橋政代先生の3名によるトークショーが行われました。
動画を観ての感想として、「ヘレン・ケラーは、私たちが目で見ていることよりもさらに多くのことが実は見えていたのかもしれない。心の目で見て感じていることが多いと思う」と志村さん。
「見えることで満足してしまっている、日々のさりげない出来事や感情の機微をもっと見て、感じて、勉強することが、見える私たちに今、大切なことなのではないか」と織田さんも語りました。
続けて「ヘレン・ケラーは見えないけれども、見えない世界は暗黒ではないということがこの動画を見てわかる。視覚障害の人が実は豊かでキレイな世界を見ているということを知り、理解してもらえれば」と高橋先生。

自分の目が見える、ということの大切さを改めて感じることはもちろん、目が見えない人の世界や心も想像することができ、見ることの素晴らしさを考えさせられる動画。さらに目の健康を守るよう、意識するきっかけとなってくれるはず。ぜひ大切な家族や友人と一緒に観てみてはいかがでしょうか。

【参考】
※見えるを見つめる.com
https://mierumitsumeru.com

※最新の調査結果
https://byl.bayer.co.jp/html/press_release/2016/news2016-08-02.pdf



情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「見えることの大切さを考える「見えるを見つめる。」プロジェクト始動!