4月に入り、新生活もスタート♪社会人初となる「初任給」を手にする日ももう間近です。もらったお金をすべて使ってしまうようなお金の使い方はNG!賢く貯めて、賢く使える「お金のやりくり」をしっかり学んでいきましょう!賢いお金の使い方をご紹介致します。

1.お金は3つに分けられます

 

 

まずは「お金」の話から。

お金は「使うお金・守るお金・増やすお金」の3つに分けられます。

 

「使うお金」は、毎月の支払いや食費・生活費などの普段使用するお金 や急病時の医療費などいざという時に使うお金です。

 

「守るお金」は、結婚式の費用など5~10年先の近い未来のためのお金。

 

そして「増やすお金」は、老後資金など遠い将来のためのお金です。

 

この「3つのお金」を把握できたところで、新社会人のお金の使い方を学んでいきましょう。

 

2.新社会人は、「先取り貯蓄」で貯める習慣作りを!

 

 

新社会人の初任給の平均額は20万円ほど。

家賃や食費、光熱費などの固定支払代金に加え、携帯代金に交際費、服飾代など毎月使うお金は山ほどあります。

欲に任せて使ってしまうのは賢い使い方とは言えません。

 

まずは貯蓄にまわす分のお金を無理なく設定することが大切です。

「毎月3万円は必ず貯金する」。

そう決めて、毎月の給与からすぐに3万円を分けて管理することで、1年で30万円以上の貯蓄を成功させることができます。

 

新社会人はまずは「先取り貯蓄」で貯める習慣づくりをスタートさせていきましょう。

 

3.「使うお金」はポイント利用で賢く使う

 

 

家賃・光熱費・食費・生活費などでも使うお金。

このお金にも賢い使い方を取り入れていきましょう。

 

世の中には様々なポイントサービスがありますが、おすすめは「楽天サービス」を使うこと。

楽天では、洋服や本、生活用品を購入できるだけでなく、旅行に使える「楽天トラベル」や、携帯で使える「楽天モバイル」などもあります。

楽天サービスを利用することで、ポイントを貯めることができ、貯まったポイントでさらにお買い物をすることもできるんです。

 

「ポイント10倍や20倍の商品」を探したり、「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」を活用すればもっとお得!

ポイントを賢く貯めることで、普段の「使うお金」を節約することができますよ♪

 

4.「守るお金」が増えたら「増やすお金」にまわす

 

 

「守るお金」が十分に増え、近い未来に備えるお金ができたら「増やすお金」にまわしてみるのもおすすめです。

 

マイナス金利の現代。

普通預金にお金を預けても、増えることはほとんどありません。

 

それならお金を運用し、賢く増やす方法を取り入れていきましょう。

株式投資や投資信託、貯蓄型保険など、増やす方法もそれぞれです。

 

自分に合った増やし方を選んでみてくださいね。

 

 

お金を稼げる期間は定年までの約35年です。

それ以降は、年金+貯金で生活をしていかなければなりません。

 

ポイント活用で賢く使い、稼げる期間にしっかり貯めて、お金のやりくり上手を目指していきましょう!



関連記事

・新社会人必見!賢いお金のやりくりってどうやるの?

・新社会人必見!賢いお金のやりくりってどうやるの?

・新社会人必見!賢いお金のやりくりってどうやるの?

情報提供元:myreco
記事名:「新社会人必見!賢いお金のやりくりってどうやるの?