アウトドアバッグのパイオニアとして、設立以来40年に渡って数々のアイテムを世に送り出してきた「GREGORY(グレゴリー)」。

その長い歴史で生み出されてきたアーカイブにクローズアップし、“隠れた名品”を現代版にアップデートした「WHITE LABEL(ホワイトレーベル)」が誕生。

記念すべきファーストコレクションでは、1993年から1996年に発売された通称“青タグ”時代の2モデルをフィーチャー。ともに当時の面影を残しながら、今の生活スタイルにフィットするようにモダナイズされています。

CRAG SAC ¥25920

90’sのクライミングバッグを思わせるクラシカルな表情ながら、内側にはPCや書類などが収納できるスリーブを搭載。背面のフォームが取り外し可能なので軽量化も可能に。

BLACK CRAG ¥23760

当時はロッククライミングから普段使いまで幅広く愛用されていた、どこかレトロな印象のドロップ型バッグ。特徴的なフロントのデイジーチェーンを残しながら、裏地を貼ってボトム部分が補強されました。

ともに人間工学に基づいた設計が落とし込まれるなど、グレゴリーの根底にある“快適な背負い心地”は健在。30代オーバーには懐かしく、20代には新鮮に映る、歴史的なブランドだからこそ完成した新シリーズは今後のラインナップにも期待が高まります。


(問)グレゴリー/サムソナイト・ジャパン tel:0800-12-36910 https://www.gregory.jp

情報提供元:GO OUT
記事名:「懐かしくて新しい。“隠れた名品”を掘り起こす、グレゴリーの新シリーズに注目。