ISPOってナンダ?

欧州最大のスポーツ見本市と言われている「ISPO(イスポ)」。

1970年から約50年に渡ってドイツ・ミュンヘンで開催されている伝統ある展示イベントですが、世界的にアウトドアがムーブメントになっているいま、GO OUTとしてもちゃんとチェックしておかなければ、ということで実際にドイツへ渡って肌で体感してきました。

ちなみに、今年(2018年)は1月28日〜1月31日の4日間に渡って開催され、総出展社数2801社、約8万4000人の来場者が訪れたとのこと。ドイツ・ミュンヘンのほか、中国は北京、今年7月に上海でも開催される世界規模のビッグイベントは、今後ますます注目度が高まる予感です(上海の開催概要は文末参照)。

ISPO名物と言われている、イベントオープン前の行列。入場ゲートがズラりと並んでおりすべて自動改札式なので、これだけ並んでいてもスムーズに入場できる。

とにかくすべてがデカい! 圧倒的規模に震撼。

ISPOミュンヘンの会場の総面積はなんと34万㎡(東京ドーム7個分。ふもとっぱらの約1.4倍)。大きく、アウトドア、スノースポーツ、マテリアルなどのカテゴリーでA,B,Cの3つのエリアに区分され、それぞれ4〜6ホールあるのでなんと全部で16ホール。しかもひとつのホールがデカすぎるため、ざっと見て回るだけでも1日がかりなんです。

さらに、ブランドブースひとつひとつのサイズ感も大きく、中にはバーがあったり、ログハウスが建っていたり……。ブランドの世界観を感じられるブースメイクも見どころのひとつだったりします。

ISPOの巡り方としては、まず1日掛けて面白そうなブースをチェックして、2日目からじっくり見ていくという方法がオススメです。

NORTH LANDのブースはもはや家。すごく入りにくいが、勇気を出して……。
逆に、とてもオープンなホグロフスのブース。中心にバーカウンターが設けられ、入り口付近には来場者が休憩できるスペースも。
ダイワは2年連続2回目のISPO出展。釣り竿をモチーフにデザインされた空間が印象的。防水性の高いフィッシングジャケットを中心にディスプレイしていた。
エンポリオ アルマーニのスポーツラインEA7のブース内。まるでショー会場のように独自の世界観を演出。

 

優秀作品を一挙チェックできる、ISPOアワードも見逃せない!

毎年、優秀作品にはISPOアワードという賞が贈られます。今年、日本のメーカーからはゴールドウィンやデサント オルテラインの製品がGOLD WINNERに選ばれていましたが、目の肥えた審査員が認めたアイテムだけに、すべてが目玉。このコーナーを見るだけでも、ISPOの魅力が体感できます。

トレッキングポールなどで有名なLEKIは、ダイヤルクロージャーシステムを採用したグローブを発表し、GOLD WINNERに選出。
手持ちのストックと専用のスコップを組み合わせて完成するバックカントリー用のミニマムなワンマンテント。
スノースポーツで活躍するアークテリクスの完全防水バッグ。スノーボードを装着できるストラップ付。
日本が誇るデサント オルテラインから特殊なニット素材を使ったハーフジップジャケットが見事GOLD WINNERに。デサントブランドとしては2年連続の受賞となった。

次ページに続きます。 掘り出しモノが続々登場!

編集部が見つけた、掘り出しモノ。

4日間、10万歩以上歩き続け、様々なブランドブースをチェックしてきましたが、いざ写真を整理してみると数が多すぎて紹介しきれない……。というわけで独断と偏見に満ち溢れた選りすぐりをピックアップします。

■ maloja(マロヤ)

日本ではあまり馴染みのないマロヤというブランド。スノースポーツやサイクルウエアを中心に展開しているブランドですが、ライフスタイルウエアもかなり充実。2018年は「ALPAN(アルパン=アルパイン+ジャパン)」をテーマに日本的デザインのウエアが数多く並んでいました。

日本を意識したお座敷スタイルのミーティングスペース。鯉のぼりのデコレーションはどうかなと思いますが(笑)。

■ TRONO(トローノ)

すでに日本にも上陸しているエアソファTRONOの新作。ビーチサイドやキャンプ、はたまた家の中でひとりでゆったりしたいときに活躍しそう。非常に座り心地がよく、軽く、コンパクトになるのが特徴。新作は、より快適性がアップし、座面の素材を取り替えられるようになっていた。

一大ブームを起こしたいわゆるエアソファと同じ要領で空気を入れる。

■ HOUDINI(フーディニ)

名だたるアウトドアブランドがひしめくAホールのなかで、ひと際ファッション性の高いレイヤーコーデを提案していたのがフーディニのブース。聞くと、日本のアウトドアファッションを意識した提案ということである意味納得。

ワンエイティー(180)スウェッターと名付けられた、裏表の素材が異なるリバーシブルアノラックが来季のオススメ。

■ knog(ノグ)

ノグといえば、自転車用のLEDライトで有名なオーストラリアのブランドですが、このたびアウトドアラインを新設。ガジェットライクでデザインコンシャスな製品群はアウトドアギア業界に革命をもたらすか?

独自のバッテリーシステムを使って、LEDランタンからブルートゥーススピーカーまでアウトドアでの電気周りのアイテムを網羅。詳細は後日別記事で特集します。

■ Vibram(ビブラム)

氷が張られていたビブラムのブース。もしかして新商品を試すことができるのかと近づいてみると……。

出てきたのがコレ。

折りたたんで持ち運べるポータブルアイスソールでした。

装着してみるとこんな感じ。スパイクを使用していないゴムのソールなのに滑り知らず。これは便利!

BEAMSアウトドアバイヤー的、ISPOの注目ポイント。

ISPO会場を歩いていると、日本人のバイヤーやリテーラーの面々も多く見かけ、注目度の高さが伺えましたが、偶然会場でビームスのアウトドアバイヤーである廣沢氏に遭遇。

ビームスのバイヤーになってから20年間欠かさずにISPOへ足を運んでいるという大ベテランに、今年のISPOの見逃せないポイントを聞いてみました。

■ HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)

「長い歴史を持つセイリングギアブランドであるヘリーハンセンですが、実は山岳レスキューのウエアを手がけていたり、海だけでなく山でもしっかりとした背景を持っているんです。ブランドネームやデザイン性だけでなく、そういう本物の機能美を持つアイテムをセレクトしています」

■ BLACK YAK(ブラックヤク)

「ブラックヤクは、韓国発、欧州育ちのアウトドアブランドですが、欧州で展開しているプレミアムラインがとても秀逸です。独自の世界観を持った今もっともアツいブランドのひとつと言っていいと思います」。写真は世界展開を取り仕切るNORTZ氏と。

近未来的でありながら山を想起させるブースデザインからもその独自性が伺える。

■ Goldwin(ゴールドウィン)

2018SSから展開している新ロゴを携えたスキーウエアを大々的にアピールするゴールドウイン。「やはり長年スキーと本気で向き合ってきたゴールドウインだからこそ、その技術と経験がフィードバックされた昨今展開しているライフスタイルラインも魅力的なんだ思います」写真はゴールドウインを統括する新井事業部長と。

ISPOアワードGOLD WINNERを受賞したゴールドウインのHOODED DOWN COAT。パーテックス素材に光電子ダウンを封入したダウンコートだが、一番の特徴は2本のジップで表現された前立部分。着脱することでシルエットを可変できる仕組み。¥37000(+税)で2018年8月発売予定。

 

次回のISPOは、上海で7月に開催!

2018年7月5日〜7日までの期間、上海で開催される次回のISPO。

ISPOは、基本的にはリテーラー(小売業者)向けの展示会ですが、世界の名だたるブランドの新作がいち早くチェックできるとあって、一般の来場者も多く見られます。

上海といえば、歴史的建築物と超高層ビル群が入り交じる中国でもっとも活気に満ちあふれる街。日本からたった3時間なので、観光ついでに足を運んでみてはいかがでしょうか。

https://www.ispo.com/en/shanghai

番外編:ミュンヘンってどんなとこ?

ISPOが開催されているミュンヘンはドイツ・バイエルン州の州都であり、ドイツを代表する文化・芸術都市。せっかくISPOへ行くならミュンヘン観光も満喫してくださいね!

■ マリエン広場

ドイツ・ミュンヘンの観光地といえばマリエン広場。ISPO会場のメッセミュンヘンは、この中心街から地下鉄で20分程度とアクセス良好。
薄暗くなり街が活気に満ちてくると、どこからともなくやわらかい音楽が聞こえてくる。

■ ヴィクトアリエン市場

ミュンヘンの台所と呼ばれている、ヴィクトアリエン市場もぜひ足を運んでもらいたい名所のひとつ。ソーセージやサラミ、チーズやワイン、オリーブ、雑貨までありとあらゆる名物が揃っています。

■ グローブトロッター(アウトドアショップ)

ドイツのアウトドアショップといえば、グローブトロッター。とにかく広大な売り場と充実の品揃えに驚くハズ。日本のショップとはまた違うラインナップも楽しめます。

 


(問)ISPO日本事務局 http://www.ispo.jp/

情報提供元:GO OUT
記事名:「世界のスポーツ見本市「ISPO」を体感! 日本未上陸の注目アイテム満載!