梅雨が明けるやいなや真夏日が続いていますが、夏の強い日差しにはやっぱりサングラスが必須! 相変わらずセルフレームが人気ですが、その形状は様々。

ここでは、日差し対策はもちろんのこと、夏コーデのアクセントとしても取り入れたい、デザイン性も◎なサングラスばかり、7点をピックアップしてご紹介!

01. OWNDAYS(オンデーズ)

ラウンドフレームにべっ甲カラーというクラシカルな装いがスタイリッシュな一本。UVカット99%の高性能レンズを採用しながらバリュープライスなのも大きな魅力。¥7538

(問)オンデーズ tel:0120-900-298 https://www.owndays.com/jp/ja

 

02. OAKLEY(オークリー)

スポーツアイウエアの雄といえばオークリー。今シーズンも定番モデルの新色から注目のニューモデルまで、バリエーション豊富に展開する。

上から、名作フロッグスキンをサイズダウンし、同社の特許素材Oマターを採用した超軽量モデル「フロッグスキン XS」。¥17280 / フロッグスキン初のハーフリムタイプである「フロッグスキン ライト」。¥ 19440 / ’90年代の名品から派生し、様々な画期的テクノロジーを搭載した「アイ ジャケット レダックス」。¥33480 / 24ピースのパーツを 一つのデザインでつなぎ合わせた独創的なニューモデル「コールド ヒューズ」。¥39960

(問)ルックスオティカジャパン /オークリー tel:0120-009-146 https://www.oakley.com/ja-jp

 

03. EPOKHE(エポキ)

オーストラリア発のアイウェアブランド、エポキ。 ’50年代の安全保護眼鏡を元にした「オストラ」は エレガントかつ耐久性に優れる滑らかなフォルムが特徴。¥18360

(問)ポートオブコール 表参道 tel:03-6434-0231 https://portofcall.online/

 

04. Ray-Ban(レイバン)

リムとテンプルの色合わせがセンス抜群の「オリ ジナルウェイファーラーバイカラー」。独自の偏光レンズ、ポラライズドを採用。¥30240

(問)ルックスオティカジャパン カスタマーサービス tel:03-3514-2950 https://www.ray-ban.com/japan

 

05. PUNK DRUNKERS(パンクドランカーズ)

着色度低めのレンズながらUVカット率99%と高い機能性を備えた「サングラス ’19サマー」。薬のカプセルをモチーフにしたポップなデザインの専用グラスケースも付属する。¥5940

(問)鷹の爪 tel:03-3478-4844 https://www.steak-ltd.com/

 

06. ANDFAMILY’S(アンドファミリー)

鯖江の職人が一点一点手作りする跳ね上げタイプ の「ザ・パージ」は、釣りや運転時などに便利。ヴィンテージ釣具蒐集家のデザイナーならではの アプローチだ。¥35424

(問)アンドファミリー tel:03-3457-6669

 

07. BYRD × SUNNY SPORTS(バード × サニースポーツ)

クラシカルなブロータイプにサニースポーツらし い夏を感じさせるブルーレンズを組み合わせたコラボ作。テンプルにあしらわれたバードのペナントロゴも好アクセント。¥4968

(問)セル ストア tel:03-6459-3932 https://celstore.shop-pro.jp/

Photo/Hiroyuki Yamada

GO OUT vol.118には、夏のマストアイテムが満載!

絶賛発売中のGO OUT vol.118には、サングラスの他にもウォーターショーツやサンダルなど夏の即戦力アイテムが盛り沢山! さらに、夏フェスファッションレポートや、値段以上の好コスパギアも多数掲載しているので、気になった人は下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニを今すぐチェック!

■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.118 定価 ¥780

情報提供元:GO OUT
記事名:「夏の名脇役! コーデのアクセントにも◎な機能美サングラス7選。