6月のテーマは、夏の定番「マリンスタイル」。フランス映画『なまいきシャルロット』(’85)の主人公・シャルロットのスタイル ( オーバーサイズのボーダーシャツにデニム姿 ) が印象的で、「フレンチ・マリン」は私たちの永遠の憧れに。いまの気分にマリンテイストをプラスして、夏のお洒落を思いっきり楽しんで!

 

 

バスク地方発祥のエスパドリーユで、爽快な足元を

暑い夏にも涼しげな足元を演出してくれる「エスパドリーユ」。そのルーツは、フランスとスペインの国境に横たわるピレネー山脈周辺、バスク地方。ジュート製のソールとコットンキャンバスのアッパーという基本構造で、サンダルのような爽快感を叶えてくれます。もとは農夫たちの履き物だった、といわれていますが、映画などの影響でファッションアイテムとして、アメリカやヨーロッパで人気を博するようになったそう。いまでは様々なメゾンやデザイナーが、夏のリラックスアイテムとして手がけるようになりました。

 

 

この夏は、鮮やかな《ウティ》の一足を

多彩なデザインや素材が登場していますが、FUDGE読者へは《OUTIL(ウティ)》のエスパドリーユが、特におすすめ。日本生まれのブランドですが、伝統的なフランスの技法や染色方法を使い、ほとんどのアイテムをフランス国内でつくっています。写真のエスパドリーユは、バスク地方の工房に残っていた1960年代のデッドストックファブリックを使用した特別な一足。夏に映える鮮やかな色合いとレースアップデザインが、足元に女性らしさとこなれた感をプラス。ショートパンツやワンピースとの相性も抜群で、軽やかに夏の気分を盛り上げてくれます。

 

 

エスパドリーユ ¥11000/OUTIL(ヤード ショールーム)、シャツ ¥29000/MAISON DE SOIL HOMME(メゾン ド ソイル 恵比寿店)、ショーツ ¥23000/UNDECORATED(アンデコレイテッド)、ブレスレット ¥3500/GAIJIN MADE(ハリウッド ランチ マーケット)

 

【お問い合わせ先】

ヤード ショールーム 03-5839-2019

メゾン ド ソイル 恵比寿店 03-5773-5536

アンデコレイテッド 03-3794-4037

ハリウッド ランチ マーケット 03-3463-5668

 

 

photograph_ Uehara Tomoya

styling_Yamaguchi Kaho

hair&make-up_Kamikawa Takae (mod’s hair)

model_Rhiannon Mcconnell

text_Shimaoka Minako

edit_Oguchi Eiko

 

 

情報提供元:FUDGE
記事名:「軽やかに夏へと誘う。《ウティ》のエスパドリーユ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】