つい先日、初チャレンジしたオンライン飲み会での悪戦苦闘ルポをここcitrusに寄稿したばかりで、
 

おそらく、合コンも回数を重ねればそこそこの“手練れ”になっていくのと同様、場数さえ踏めば、オンライン飲み会もちゃんと楽しめるようになるのだろう。


……との結論を導き出した……記憶があるがw、それ以降、我慢強く何度か場数を踏んで、ようやく当初感じていた「よそよそしさ」みたいなものも払拭されつつあり、しばらく連絡が途絶えていた友人・知人のリアルな現状や新型コロナウイルス対策……などの情報がぼちぼちと入手できるようになってきた。

 

で、普段はアクティブに公私ともども外を飛び回っていた周囲の“デキるヒトたち”が、慣れない「外出自粛」の日々をどう暮らしているのか、その一例を挙げてみると、
 


・  毎日ジグソーパズルをやっている
 
・  『美味しんぼ』を一巻から全部読み返している
 
・  『アベンジャーズ』を軸とするマーベル作品を観まくって、ストーリーのつながりを把握する
 
・  毎夜違った種類のカレーをつくっている(表現を変えると、毎夜カレーしか食べていない)
 
・  トマトを育ててみる
 
・  スーパーボールを四方の壁に投げ、反射神経を鍛える(六畳一間のワンルームに在住する20代男子)
 
・  洋服を一気に断舎離して、メルカリで売って小銭を稼ぐ


……ほか、各人それぞれに、それなりの工夫を凝らして、この鬱屈した日々をやりすごしている様子であった。なかには絶対真似したくないのもいくつかあるけれど?

 

ちなみに、私が最近はじめた“ルーティン”だが、まずは「読書」。本棚をいったんキレイに整理して、そのなかから途中で読むのを断念してしまった書物(『罪と罰』とかサルトルの『実存主義とは何か』とか)を抜き出し、“苦行”として一日1時間以上、目を通すよう努力している。

 

そして、その“苦行タイム”のBGMには、私の「iTunesに入っている約5000曲をシャッフルで一から順番に聴く」ことにしている。

 

また、(おもに)その苦行タイムからピックアップした「何度意識しても文字順や読み方を忘れてしまいがち単語」、たとえば、

 

 ラマダン(すぐ「ラダマン」だっけか…悩んでしまう)
 
・  荒唐無稽(たまに「こうけいむとう」だっけか…と迷ってしまう)
 
・  控訴(よく「くうそ」と言い間違えてしまう。一度、生放送の某テレビ情報番組に出演したとき「くうそ」と口走ってしまい、顔面から火が出るほどに恥ずかしかった)
 
・  尽力(時おり「ついりょく」とパソコンに売って、「尽力」と出てこないときがある)
 
・  荏原(しょっちゅう読み方がわからなくなって、調べるのに案外苦労する)

 

……その他を“苦行”後に「音読」して頭に叩き込むようにしている。

 

あと、最近は「ランニング」さえも「してはいけない行為」的なニュアンスでヤリ玉に挙がっている風だったりするけれど(※実際は、マスクをするなり混まないコースをチョイスすればいいだけの話なんだが)、じゃあ「縄跳び」はどうだろう? 夜中だったら家の前のちょっとした空きスペースでもできるから“移動”もナシで済む。さらに、縄が回転する範囲は自然とソーシャルディスタンス状態にもなるので、今のご時世にうってつけなのではなかろうか? 2分もやったらちゃんとヘトヘトになれますよ。
 

情報提供元:citrus
記事名:「ジグソーパズルに、小銭稼ぎ…緊急事態宣言以降、慣れない「外出自粛」の日々の過ごし方の一例をまとめてみた