通信販売限定リニューアル発売
株式会社バスクリンは、生薬研究から生まれたスキンケアブランド「美漢精」から「プレミアムビューティジェル」を2019年11月1日(金)に通信販売限定でリニューアル発売する。

同ブランドは、うるおいやハリが低下する年齢を重ねた肌に向けて、生薬により肌が本来持つちからにアプローチする。今回のリニューアルで、独自の生薬有効成分「天草抽出末」を日本で初めて配合。抗炎症作用があり、紫外線や乾燥などによる肌荒れを防ぎ、キメを整える。

販売価格は、約1か月分の75g入りで4269円(税抜き)。定期購入は、3417円(税抜き)だ。

オールインワンゲルとして4役から7役へ強化
従来品の「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」の4役に加えて、「パック」「アイセラム」「ネックセラム」を追加した7役へ強化した。年齢を感じさせる目尻や首すじに着目し、小じわを目立たなくする。

また、肌本来のうるおいを守り助ける和漢植物成分(ミロバラン果実エキス、コメヌカ油、人参エキス、ショウブ根エキス)を東洋古来の考え方でブレンド。保湿成分を10%増量配合し、乾きがちな肌のバリア機能をサポートする。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※バスクリンニュースリリース
https://www.bathclin.co.jp/news/2019/1023_8419/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「日本初!有効成分生薬100%のスキンケアで乾燥対策