栃木県米「あさひの夢」使用の栄養補給ドリンク「糀の活力」
1673年に創業し、伝統的な日本酒造りを行ってきた栃木県の第一酒造株式会社では、食の安全・安心への声が高まっている昨今だからこそ、日本の伝統的な発酵技術を活かした商品開発に取り組んでいる。

2018年11月1日、新たな発酵商品開発にともないクラウドファンディングにて支援プロジェクトを開始。その商品とは、忙しい受験生や日本人を応援するための栄養補給ドリンク「糀の活力」だ。

「糀の活力」の特長
糀の活力は、2018年2月に発売された「蔵人が育てた米で作った甘酒」をベースにし、ゆず果汁をプラスし、日本酒なみに65%まで高精米した原料米を使用している。

この甘酒自体が、米と米麹のみで作られているため栄養価が高い商品。ゆず果汁を加えたことでさわやかな香りがプラスされ、甘酒が苦手だとしても飲みやすく調整されているという。

もちろん砂糖、甘味料、食塩、保存料などは一切使用しておらず、原料は米と果汁のみ。米から生まれたブドウ糖は脳のエネルギーとなるため、これからの時期、受験生にとって貴重だ。

他にもビタミンB群や必須アミノ酸すべてを含むため「飲む点滴」と名高い甘酒と同様に栄養補給ができるという。

ゆず果汁が含まれているのでビタミンB・Cも摂れ、美容にも良い。受験生ではなくても、試してみたい商品だろう。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※クラウドファンディング「Makuake」公式サイト
https://www.makuake.com/project/daiichi-shuzo/

※株式会社第一酒造 プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/170137

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「美容に良い!発酵技術を活かした「糀の活力」栄養補給ドリンク