冷凍スープパスタ「デリシャスKitchen スープパスタ」を発売中の日本水産株式会社(ニッスイ)は、働く20〜40代女性500名を対象に「遅帰りごはん」に関する意識・実態調査を行った。

「遅帰りごはん」は心身ともにお疲れの状態
今回の調査では残業した後や習い事の後など、平日「いつもより遅い時間だな」と感じる時間帯にとる夕食を「遅帰りごはん」と定義。「遅帰りごはん」が月1回以上あると回答した20〜40代女性を対象に、時間帯やメニューなどを聞き、その実態に迫った。
はじめに、どんなシチュエーションで「遅帰りごはん」が起きやすいか聞いたところ、1位は「残業時」(65%)、2位に「仕事後に遊びに行った時」(29%)、3位に「仕事後に習い事に行った時」(13%)の順となり、仕事で疲れた状態で「遅帰りごはん」をしている女性が多いことがうかがえる。
遅帰りごはんが続いた時の様子を聞くと、「疲れ切ってしまい、夕食後の片づけができないことがあった」(67%)、「翌日の仕事のやる気がなくなってしまったことがあった」(60%)という人も見られ、心身ともにお疲れの状態であることがわかった。

「遅帰りごはん」に求める条件は「調理の簡単さ、栄養バランス、野菜がとれること」
女性たちは「遅帰りごはん」にスーパーのお弁当・お惣菜を選ぶことも多いようで、「太りそう」「野菜が不足していそう」など、脂質の多さや栄養バランスの悪さなどを感じていることが分かっている。
そこで「遅帰りごはん」のメニューに求める条件を聞くと、1位が「調理が簡単なこと」(64%)、2位が「栄養バランスがよいこと」(50%)、3位が「野菜がとれること」(47%)となった。お疲れの夜でもすぐに食べられるメニューであることと、栄養バランスがよいことが同時に求められているようだ。

簡単に作れて栄養も補える、働く女性の「遅帰りごはん」に「デリシャスKitchenスープパスタ」
ニッスイが2018年9月に発売した冷凍スープパスタ「デリシャスKitchen スープパスタ」(ミネストローネ、きのこチャウダー)は、そんな女性たちの悩みに応える、ヘルシーで具だくさんのスープパスタだ。
カップ入りなので、水を加えて電子レンジであたためるだけで完成。野菜がゴロゴロ入って具だくさん、しっかりと食べ応えのあるスープパスタとなっている。

栄養バランスがとれる、ヘルシーでボリュームがある、すぐに食べられるなど、理想の「遅帰りごはん」メニューの条件を全て満たした「デリシャスKitchen スープパスタ」。
「遅帰りごはん」が多い方はぜひ試してみてほしい。

【参考】
※ニッスイ商品情報サイト
http://www.nissui.co.jp/index.html

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「帰宅の遅い働き女子を調査!夜遅い夕食「遅帰りごはん」は片付けもイヤ!?