最強の股関節セラピーでみるみる若返る!
9月9日、股関節を整えて女性に多い体の不調を改善し、体を若返らせようという書籍『奇跡の理学療法士が教える 最強の股関節セラピーで体はみるみる若返る!』が発売された。

著者は理学療法士で、東京・銀座で股関節痛の保存療法を行っている「ginzaplus」代表の佐藤正裕氏である。新刊は1,188円(税込)にて、扶桑社より発売中である。

1日5分の「おしりエクボ体操」
2005年に順天堂大医学部付属順天堂医院に入職した佐藤正裕氏は、2010年に「股関節セラピー ginzaplus」を設立している。佐藤氏は変形性股関節症のスペシャリストで、手術に頼らず、独自のストレッチやエクササイズで多くの患者を救ってきているという。

発売された新刊では、人体の中でも最も大きな関節である股関節を立つ、歩く、しゃがむといった日常の動作の要と捉え、独自の股関節のケア「股関節セラピー」を解説している。

同氏によれば、股関節は関節症だけでなく、肩こりや腰痛、便秘、冷え、むくみにも関わり、股関節を整えることで、ダイエットにも効果を発揮するとしている。同書では股関節を整えるための方法として、ヒップの筋肉を鍛える1日5分の「おしりエクボ体操」などを紹介している。

(画像はAmazon.co.jpより)


【参考】
※奇跡の理学療法士が教える 最強の股関節セラピーで体はみるみる若返る!
https://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594080259

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「「奇跡の理学療法士」の股関節セラピーでアンチエイジング