日本画の顔料を使用した水性ネイル
1751年京都で創業した日本最古の絵具店 上羽絵惣株式会社は、『胡粉ネイル』の2018年春夏期間限定カラーを発売する。昨年春に限定カラー3色が発売されて好評を受けた商品だ。

同社は、多くの女性たちに、安心しておしゃれを楽しんでほしいという想いから、絵具で培った伝統技術を応用し、日本画の顔料である胡粉を配合した爪に優しい水性ネイル「胡粉ネイル」を2010年1月より発売。

同製品は、有機溶剤を使っていないため、マニキュア特有のにおいがしないのが特徴だ。速乾性があり、軽い塗り心地のよさからも多くの女性の支持をえている。

華やかで優しく指先を彩る
日本画絵具専門店ならではのこだわりぬいた色合いが魅力の「胡粉ネイル」。

春夏限定色は鴇浅葱(ときあさぎ)、薄花桜(うすはなざくら)、黎明色(れいめいいろ)の全3色。2018年春夏のトレンドカラーの淡いピンクとヴァイオレットを基調とし、大人の上品な女性を演出する。

肌なじみのよい華やかで淡いナチュラルな色合いが、花が咲いたように指先を彩り、さりげなく気分を上げてくれるだろう。

販売期間は2018年3月1日から2018年3月31日まで。同社店頭・ウェブサイト、全国の胡粉ネイルにて発売される。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※上羽絵惣株式会社のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/150406

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「指先を優しく彩る春夏限定ネイルが登場!