※本記事の写真は全てMakuakeからの提供です。


最近、クラフトビール関連のプロジェクトが増えているというクラウドファンディングサイト「Makuake」。ビール好きならワクワクするようなプロジェクトがたくさんありますよね。



そんな「Makuake」が初のクラフトビールイベント「Makuake Craft beer Meetup〜成長するクラフトビール業界におけるヒットの条件〜」を開催。

ゼロからビール事業をはじめたPeter Rothenbergさん山口 公大さん山田 司朗さんの3名をゲストに招き、クラフトビールに関するディープな会話が繰り広げられました。


3名のゲスト

Peter Rothenbergさん
Best Beer Japan CEO)

2007年に交換留学国際基督教大学へ。2010年にUCLAを卒業後、群馬県の嬬恋村に引っ越す。チャット型英語学習サービスEigoooを立ち上げたのち、2015年に事業譲渡して浅草で人力車を引く。2016年にTech in Asia入社。2018年にBest Beer Japan創業。


山口 公大さん
(個人実業家)

慶応義塾大学環境情報学部卒。2010年にDeNAへ入社、さまざまな事業立ち上げを経験。2015年に米IT企業Sprinklrの日本支社創業に参画。プライベートで2018年2月キリマンジャロに登頂し、麓でキリマンジャロビールを振舞われたとき、登山の記憶がビールに保存される感覚を体験しビール事業に興味を抱く。Makuakeのビールカテゴリ史上最高額の支援を集める。

▼支援者の皆様と一緒に、最高のクラフトビールを作り続けるプロジェクト
https://www.makuake.com/project/tryangle/


山田 司朗さん
Far Yeast Brewing株式会社 代表取締役)

1975年生まれ。ケンブリッジ大学MBA。サイバーエージェントなどドットコム企業でのキャリアから転身し、2011年9月に日本クラフトビール株式会社(現Far Yeast Brewing株式会社)を設立。2017年5月には直営のビアバーをオープンするためMakuakeを活用、360万円以上の支援を集める。


ビール業界の最先端にいる人たちは今何を見て、何を考えているのか。滅多に聞けない、貴重なトークの内容をたっぷりとお届けします。


異業種からビール業界に参入した理由とは?


ゲスト3人に共通するのは、もともとビールと関係のない仕事をしていたことです。

5年の構想期間を経て起業した山田さん、キリマンジャロ登頂をきっかけに、人生をリセットすべくビール業界に興味をもったという山口さん、IT業界からビール業界に参入したPeterさん。

そして、それぞれに共通する考えは「クラフトビール業界にはまだまだ伸びしろがある」ということです。

アメリカでは、ビール市場全体に占めるクラフトビールの金額ベースの割合が23%を占めています。今回のイベントでは、それぞれの視点からみたビール業界をゲストに語ってくれました。


世界と日本のクラフトビール業界事情について


世界規模でみた日本のクラフトビール業界とは、そもそもどのようなものなのでしょうか。


山田さん

日本には地ビールというものがあります。ではクラフトビールという言葉がどこから出てきたのかというと、アメリカなんです。あちらではホームブルワー同士のコミュニティがあって、“ちょっとビールがうまく作れたから商売としてやってみよう”というところから、クラフトビールという文化が広がっていきました。


Makuake Craft beer Meetup〜成長するクラフトビール業界におけるヒットの条件〜 イベント Peter Rothenberg Best Beer Japan  山口 公大 山田 司朗 Far Yeast Brewing 坊垣佳奈


山田さん

アメリカではクラフトビールの定義があります。しかし、日本ではクラフトビールを定義する団体がいないため、実質“言ったもん勝ち”という状態になっているのが現状です。


アメリカにおけるクラフトビールの定義は以下の3つです。

・Small(小さいこと)

・Independent(独立性があること)

・Traditional(伝統的であること)


ただ、最近はクラフトビールが商業的に成功しているため、この定義が崩れつつあるとの見方もされています。それでも定義そのものがない日本に比べれば、クラフトビールとは何を指すのかが明確ですよね。


Makuake Craft beer Meetup〜成長するクラフトビール業界におけるヒットの条件〜 イベント Peter Rothenberg Best Beer Japan  山口 公大 山田 司朗 Far Yeast Brewing 坊垣佳奈


忘れてはいけないのが、ハイボールや日本酒など、過去の日本の酒類トレンドとの違いはグローバルであること。

クラフトビールは国内だけにとどまらず、世界規模で流行しています、アメリカのビール消費量12.3兆円のうち、クラフトビールが2.9兆円を占めているというデータもあるほどです。

山田さん

アメリカ国内では、ブルワリーの数が8年で3倍以上増加しています。消費量を踏まえても、ここまでくると単純に“ブーム”という言葉で片付けられないのが実情です。


クラフトビールは“ブーム”なのか


「クラフトビールブーム」という言葉をよく聞くようになりましたが、そもそもこれは一過性のものなのでしょうか。

山田さんは、とあるブルワーの「クラフトビールは本質への回帰である」という言葉が印象に残っているそうです。

もともとビールは多様性があるものでした。しかし、産業化・単一化するにつれて消費者が飽きてしまい、その結果消費量が落ちてしまったという背景が存在します。

これを「正常な状態に戻そう」という動きが、現在のクラフトビールブームである。また、これこそがクラフトビールに関わる人の使命でもあると考えているようです。


クラフトビール業界に参入するのは簡単なの?

Makuake Craft beer Meetup〜成長するクラフトビール業界におけるヒットの条件〜 イベント クラフトビール

日々ブルワリーが増え続け、新しいビールが次々誕生しています。クラフトビール業界に参入するのってハードルが高いの?という質問に答えてもらいました。


Peterさん

ビールを作るのは簡単です。しかし、事業を大きくするのは難しいと感じます。最近は法律も緩和されつつあるし、個人的にバラエティ豊かなビールをつくるのは面白いと思う。小さい規模で参入しようと思えば簡単だけど、それを拡大するのはとても大変です。

山口さん

具体的な活動を始めたのが4月、実際にクラウドファンディングを立ち上げたのが7月なので、ビールをつくるのに3ヶ月しかかかっていません。そう考えるとさほど難しくはないのかなと思いますが……酒販免許の取得など、細かい手続きは少し大変だと感じます。

また、アメリカで流行っているスタイルと、日本人が好むスタイルは若干異なることを頭に入れておく必要があるようです。

山田さん

世界的なトレンドで共通する部分はあるものの、一般的に日本のビールファンはフルーツビールや小麦を使ったビールを好む人が多いような気がします。


Makuake Craft beer Meetup〜成長するクラフトビール業界におけるヒットの条件〜 イベント グランドキリン JPL


さらに、運営コストの高さを指摘したのはPeterさん。

Peterさん

日本でクラフトビールを作ろうとすると大量生産ができず、値段が高くなってしまいます。送料もかかりますよね。バーで飲むクラフトビールは1杯につき原価が600円くらいになってしまうため、お店が利益を出すためには1杯1,000円か、それ以上になってしまう。この値段だと、コアなビールファンが集まる専門店じゃないと取り扱ってくれないでしょう。

Peterさんの会社では、できるだけコストを抑え、効率よくクラフトビールを流通させられる仕組みを整える事業を計画しているそう

ビールづくりをまだ始めていないからこそ、ブルワーとは違う視点からクラフトビール業界を活性化していきたいとのことでした。


日本はアメリカより15年遅れている

山田さんは、日本のビール分文化がアメリカよりも15年遅れていると指摘します。

とはいえ、戦前から多様なビールを楽しんでいた海外とは単純に比較できないのも事実。ビールそのものの伝統や文化は日本よりもずっと根強いのです。


Makuake Craft beer Meetup〜成長するクラフトビール業界におけるヒットの条件〜 イベント クラフトビール


日本にやってきた時点でビールは商業的なものでした。味が単一化していて当たり前という認識が古くから存在します。この考え方を覆さないことには、海外のビール文化との差は縮められません。

しかし、日本でこれだけクラフトビールが増えている現状を考えると、15年経てば追いつけるのではという見方をしているそう。もし日本でもホームブルワリー(自家醸造)が許可されるようになれば、ビールへの興味や知識がより深められそうですね。


運営コストを下げつつチャレンジを続けることが重要

今後、日本においてクラフトビールを活性化させるためには、できるだけ運営コストを下げながら新しい挑戦を続けることが大切だと3人は語ります。


Makuake Craft beer Meetup〜成長するクラフトビール業界におけるヒットの条件〜 イベント クラフトビール Far Yeast Brewing


山口さん

プロダクトではなく、ストーリーを売りたい。あえてレストランやバーに卸さず、挑戦の象徴として示したいと考えています。コワーキングスペースや企業の研修など、挑戦する瞬間に立ち会うものとしてビールを提案する。また、3ヶ月に1回味を変えるなど、ビール自体が挑戦を続けているという状態にしたいです。

山田さん

純粋につくりたいビールをつくる、というのはもちろんですが、定番の他に限定のビールも提案しています。珍しいスタイルなどにも果敢に挑戦して、様々なスタイルを探求していきたいですね。

大手のビールメーカーを含め、たくさんのクラフトビールが誕生する中で、いかに差別化をはかるかが重要だと考えているようです。


Makuake Craft beer Meetup〜成長するクラフトビール業界におけるヒットの条件〜 イベント


Peterさん

ITができるのは流通の仕組みを見直すこと。生産から流通、酒税の調査に必要なデータの自動化が実現して、さらに送料が安くなれば20%くらいは価格を下げることができるはずです。

ビールの味を追求するのはもちろん、流通の仕組みを変えていくことでクラフトビールをより身近に、本来の多様性のもとで楽しめるようになるとPeterさんはみています。


Makuake Craft beer Meetup〜成長するクラフトビール業界におけるヒットの条件〜 イベント Peter Rothenberg Best Beer Japan  山口 公大 山田 司朗 Far Yeast Brewing 坊垣佳奈


私たちが思っている以上に成長が著しいクラフトビール業界。今よりももっとビールを楽しめるようになったらうれしいですよね。これからどのように変わっていくのか。今後の動向から目が離せません。

Makuake Craft beer Meetup〜成長するクラフトビール業界におけるヒットの条件〜
(2018.09.27)

○日時:2018年9月27日(木)19:00〜21:00(受付開始18:30)
○場所:polygon表参道店
(東京都渋谷区神宮前5-9-15 トータルアートワークスクエアB2)

◯URL:https://makuake-craftbeer-meetup.peatix.com/

情報提供元:ビール女子
記事名:「業界最先端をいく3人が語る!日本クラフトビールのヒットの条件