5月12日に新潟県村上市にある村上市スケートパークにて、来年の東京五輪で採用されるスケートボードの強化選手選考会を兼ねた日本選手権決勝が行われた。

今大会と日本オープンとの合算ポイントにて、2019年の強化指定選手が選出されるとあって、普段は温泉で賑わう観光地に多くの報道陣と国内トップスケーターが集まった。

ストリート種目決勝はオリンピックでも採用されるストリートリーグという海外のコンテストと同様の採点方式となり、45秒間自由にパーク内を滑走し得点を競う“ラン”を2本、一発技で得点を競う“ベストトリック”を5本行い、計7本中高得点4本の合計得点で争われた。

男子は9点台を2本出した青木勇貴斗が優勝。女子はハンドレールでバックサイドKグラインドやフロントサイドスミスグラインドなどをメイクした中山楓奈が優勝した。

日本選手権・ストリート男子結果

1位 青木 勇貴斗-35.3

2位 根岸 空 -34.2

3位 山下 京之助 -33.9

4位 白井 空良 -32.4

5位 渡辺 雄斗-30.1

6位 鎧 碧斗(あおと) -29.9

7位 佐川 涼-25.9

8位 末松 蓮-17.2

日本選手権・ストリート女子結果

1位 中山 楓奈-14.4

2位 赤間 凜音(りず)-13.4

3位 織田 夢海(ゆめか)-13.3

4位 前田 日菜 -12.5

5位 西矢 椛(もみじ)-11.8

6位 西村 詞音(ことね)-11.2

7位 伊佐 風椰-11.1

8位 山脇 青空(そら)-7.0

青木勇貴斗・トレフリップ フロントサイドリップスライド

根岸空・バックサイドノーズブラント

山下京之助・トレダブルフリップ

中山楓奈・フロントサイドボードスライド

赤間凜音・オーリーテールグラブ

織田夢海・バックサイドフィーブルグラインド

ストリート強化指定選手

男子

青木 勇貴斗

山下 京之助

白井 空良

女子

中山 楓奈

織田 夢海(ゆめか)

藤澤 虹々可(ななか)

写真・文 小嶋 勝美

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。

約10年間お笑い芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「スケートボード「日本選手権ストリート」青木勇貴斗、中山楓奈が優勝!