決して手を組むべきでなかった4人。黄金が男たちを狂わせていく、一攫千金ウェスタンサスペンス! ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)及び「フランスのアカデミー賞」と言われるセザール賞にて4冠(監督賞・撮影賞・美術賞・音響賞)を受賞、世界的に権威あるイギリスの文学賞の1つである”ブッカー賞”の最終候補作にもなり、様々なミステリ・ベスト10入りも果たすなど、世界中の読者に衝撃を与えたパトリック・デウィットの原作を基に映画化された映画『ゴールデン・リバー』。7月5日に公開となります。

この度「名作映画に必ずこの男あり!」と言われ、映画ファンからも愛され続ける個性派俳優ジョン・C・ライリーの特別インタビュー映像が解禁。ガジェット通信先行でご紹介します。

1851年、時はゴールドラッシュ。最強と呼ばれる殺し屋兄弟、無骨で優しい兄・イーライ(ジョン・C・ライリー)と、裏世界でのし上がりたい好戦的な弟・チャーリー(ホアキン・フェニックス)は、政府の内密な依頼で黄金を探す化学式をみつけた化学者ウォーム(リズ・アーメッド)を偵察係モリス(ジェイク・ギレンホール)とともに追うことに。しかし黄金に魅せられた4人は偶然手を組むことになり―。組むはずではなかった4人の思惑が交錯、西部劇のルックながらサスペンスドラマの要素が入り、読めない展開、誰が善で誰が悪なのかツイストしていく人間ドラマに目が離せない”一攫千金ウエスタンサスペンス”となっています。

【動画】一攫千金ウェスタンサスペンス!『ゴールデン・リバー』ジョン・C・ライリーインタビュー映像
https://www.youtube.com/watch?v=-BGrEIdfVgE

映像は、自身が権利を買い取ってオーディアール監督に映画化を依頼したほど惚れ込んだ本作の原作(「シスターズ・ブラザース」)について語るシーンから始まる。「この本の感情の豊かさが気に入ったんだ」と、そのきっかけを振り返り、「3人男兄弟がいるので関係性とか力関係とか共感できた」と、自身のプライベートと本作のリンクする点を語ります。ほか主人公となるシスターズ兄弟に関して「なぜ、この役(イーライ)に選ばれたのか?」との質問に「もう一方の役(チャーリー/ホアキン・フェニックス)の可能性を考えたとき、当時もっと太っていたから、自分が太っている方を演じるのが自然だった」と答えるなど、ユーモアたっぷりの一面も。

最強の殺し屋と呼ばれるほど暴力的なのに、一方どこか抜けていて憎めないシスターズ兄弟。重要なテーマともなる”兄と弟の奇妙な関係性”に関しては「鍵はトラウマだ」「生まれたときはただの普通の兄弟だったはず」「まるで”2人で1人”のようにも見える」と言及、”傑作サスペンス”との呼び声も高い本作を読み解くためのキーワードを明かしています。

なお弟を演じたホアキン・フェニックスと兄弟の絆を演出するために行ったことは、演技についての議論ではなく、スペインの丘の上にあるマリア像まで1時間半、無言で一緒に歩き「ただお互いの存在を感じあった」こと! 個性は俳優と名高い2人らしい独特の役作り方法についても語っています。

本作はジャック・オーディアール監督初の英語作品でもあり、キャストは『シカゴ』のジョン・C・ライリー、『ザ・マスター』のホアキン・フェニックス、『ナイトクローラー』のジェイク・ギレンホール、『ヴェノム』のリズ・アーメッドと実力者ぞろい! 愛おしさをにじませるキャラクターの掘り下げなどジャック・オーディアール監督は西部劇ジャンルに新しさを与えたエンターテインメント作品となっています。

『ゴールデン・リバー』
https://gaga.ne.jp/goldenriver/

(C) 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「黄金が男たちを狂わせていく一攫千金ウェスタンサスペンス! 『ゴールデン・リバー』ジョン・C・ライリーの特別インタビュー映像