『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』などで知られる鬼才ジム・ジャームッシュの最新作にして、まさかのゾンビ映画である『The Dead Don‘t Die(原題)』の日本公開が決定しました。

アメリカの田舎町センターヴィル。3人だけの警察署で働くロバートソン保安官とピーターソン保安官代理は、いつもの他愛のない住人のトラブルの対応に追われていたが、突如、街にゾンビが出現しはじめ、思わぬ事態に巻き込まれていく――というストーリー。

ロバートソン保安官を演じるのは『ゾンビランド』にも出演していたビル・マーレイ。ピーターソン保安官代理を演じるのはジャームッシュの前作『パターソン』にも主演したアダム・ドライバーです。

この他、リメイク版『サスペリア』の出演が記憶に新しいティルダ・スウィントンや、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローバー、イギー・ポップ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズという、注目の若手から大御所までそろった豪華キャストが実現。

しかし併せて解禁となった写真のビル・マーレイの、なんとも頼りなさそうな表情よ! アダム・ドライバーとどんなコンビネーションを見せてくれるのか期待したいところです。

日本公開は2020年春。まだまだ先の話ですが、まぁひとまず「よかった、日本公開するんだね」と胸をなでおろしましょ。

『The Dead Don‘t Die(原題)』
2020年春 TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

Credit : Abbot Genser / Focus Features (C) 2019 Image Eleven Productions, Inc.

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「鬼才ジム・ジャームッシュのゾンビ映画『The Dead Don‘t Die(原題)』日本公開 アダム・ドライバーら豪華キャストが集結[ホラー通信]