木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,が発信した、豪雨へのメッセージが物議を醸している。

 現在、九州や岐阜、長野などを襲っている大豪雨。各地で梅雨前線の影響で大雨が止まず、河川の氾濫など甚大な被害が出ている。そんな中、Koki,は8日に自身のインスタグラムを更新し、「I hope everyone is safe in this rain and praying that everything is going to get better soon.(皆さまがこの雨の中で無事でいられますよう、お祈りします)」と、お悔やみのメッセージを発表した。

 また、併せてCOACHのトップスを着用した自身の姿を公開。写真には花を手にし、微笑んでいるKoki,の姿が映されており、姉でモデルのCocomiが撮影したことも記されていた。

 しかし、この投稿にネットからは、「本当に辛い思いをしている人にこの写真はないのでは?軽く感じる」「同じ日本人が被災しているのに英語で書く意味は?」「写真を見せることが目的でお悔やみはついで?」「写真を見せたいが為のついでのように思う」といった厳しい批判が寄せられている。

 被害を受けているのは日本人にも関わらず、英語でのメッセージに違和感を覚えたネットユーザーが多くいたようだった。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「koki,、「この写真はないのでは?」豪雨のお悔やみ発信も批判殺到