女優の吉岡里帆(27)のマネジャーが運営するインスタグラムに29日、着物姿の写真が披露され話題を呼んでいる。

 吉岡といえば今月4日に、2020年の干支である子年にちなみ、頬に髭を書いたネズミ姿の自身の写真を公開。とてもキュートな姿にファンからは「全銀河一かわいいネズミがおる」「うわ、ヤバかわ」などの絶賛の声が寄せられていたのだが、その一方で一部ネット上では「可愛いって言って欲しくて仕方がないんだろうなwww」などの冷たい声が上がってしまう結果となった。

 今回の投稿には「りほぽが出演した『恋する、夢二』がKBS京都さんにて明日放送されるそうです!夢二にもゆかりの深い京都、しかもりほぽの地元!うれしいです」などのマネージャーのコメントとともに、赤やピンク、紫色が配色された上品な着物に身を包んだ吉岡の写真を公開した。

 この投稿に対してインスタグラム上には「可愛すぎ!!」「んがー!かわいいい」「可愛すぎる!!!!!天使!!!!」などの絶賛コメントが寄せられているのだが、一方でネット上では「こんな顔だったっけ?」「加工無しなのかな?女芸人に見えた」などの驚きの声で騒然となっている。

 ネット上ではあまり反応が良くなかったようだが、ファンの間では着物姿の吉岡に魅了された人が多くいたようだ。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「吉岡里帆、着物姿を披露も”顔が変わり過ぎて”騒然「こんな顔だったっけ?」