オーソドックスな便秘対策

これは例えば、食物繊維を含むものをたくさん食べるとか、朝、起き抜けにお水を一杯飲む、などが有名ですよね。

私の場合は、起きて、うがいと歯磨きを済ませてから梅干しを入れたぬるま湯を飲んでいます。冷たいお水は体を冷やすので、できるだけ避けているからです。

そうすると便意が出ることが多いです。
毎回効果があるわけではないのが玉にキズですね。

市販の便秘薬のおすすめ

日本国民であれば「ピンクの小粒」と言えば通じるほどの有名なコーラック。
実はコーラックはかなり成分が強いので、あまりおすすめできません。

では何がいいのか、というと。菊川怜さんがCMしている酸化マグネシウムE便秘薬がおすすめですね。CMでも流れている台詞ですが、便秘薬には刺激性と非刺激性があります。コーラックは前者、酸化マグネシウムE便秘薬は後者です。

お腹も痛くなりにくく、自然に近いお通じがありますので、市販のものでは一番良いと思います。

尚、何を飲んでもダメなときは、抵抗があるとは思いますが、浣腸をするのもひとつの選択肢です。浣腸というと、イチヂク浣腸を思い浮かべると思うのですが、ミニカというクリーム状の浣腸薬が優秀です。便を柔らかくしてくれるので、便意が強まって排泄したときも痛みが少ないです。

どこのドラッグストアにもあるわけではないので、どうしても試したいときはAmazonで売っていますから、利用するのもいいと思います。

病院でもらう便秘薬

私が病院で処方してもらった便秘薬を紹介します。

アローゼン顆粒

センナという植物から出来ている比較的安全な便秘薬です。
私は内科に定期的に通っているので、便通が自然にあったときは少なめに、便秘がちなときは多めに処方してもらいます。
基本的に1日1包で、効き目は穏やか。自然に近い便通があります。

副作用で尿が赤褐色になりますが、びっくりするほど色が変わるわけではないのでそれほど心配しなくていいと思います。

プルゼニド錠

こちらもセンナから作られた便秘薬で、小粒で飲みやすいです。
体感としては、上記のアローゼンより少し効き目が強い感じです。1回1錠で、1日3錠まで服用できます。3日以上便通がなかったときに3錠飲みましたが、きちんとお通じがありました。
先のアローゼンは顆粒なので、飲みにくい人にはこちらがいいかもしれません。

ただし注意点として、センナの成分は使いすぎると慣れてしまい効かなくなる特徴がありますので、常用はしないようにしましょう。

参考になる動画です

しつこい便秘を2分で劇的に治す方法

8分10秒の動画です。どうやらテレビで放映されたもののようです。モニターとして二人の女性が出てきますが、35歳にして便秘歴30年という強者の人までいました。私はやってみて、2日後にお通じがありました。試す価値アリだと思いますよ^^

終わりに・・・

便秘に関してのあれこれ、如何だったでしょうか?
できれば薬には頼りたくないですよね。私は一時期「飲めば出るんだから」と、毎日のように便秘薬を飲んでいたことがありますが、すると段々、服用する量が増えていきました。
これはまずい、と思い、薬は3日以上出ないときに限定して、マッサージやストレッチ、食事の見直しとして、ヨーグルトやキノコ類を多く食べるようにしました。

お通じがすっきりあると、そもそも気分がいいですし、体調も良くなります。動画にあったようにダイエット効果も期待できますよ。

お腹のつまりにサヨナラして、きれいを呼び込みましょうね^^


情報提供元:女美会
記事名:「苦しい便秘とサヨナラしたい! 便秘対策あれこれです♪