バランスの取れたメイクはファッションありき

バランスの取れたメイクはファッションありき
出典:GODMake.

綺麗なメイクに仕上がったけど、全身鏡でみるとなんだかバランス悪い…。そう感じたことはありませんか?

お出かけする際、メイクだけでなくお洋服ももちろん纏いますよね。メイクとファッションは常に一体化しており、この2つのバランスが取れて初めて「美しい」と感じることができます。

今回は、筆者も活用している簡単に取り入れられるファッションとメイクのトータルコーディネート術をご紹介します。

ファッションにメイクを合わせるポイントとは?

ファッションにメイクを合わせるポイントとは?
出典:GODMake.

自分の中で、ポイントとなるカラーを1つ決めてみる

メイクでもファッションでも、「今日はこのカラーをメインに取り入れてみよう」と、1つ自分の中でテーマカラーを決めておくのがいいでしょう。できればその時、質感もマットか?ツヤか?これだけでいいので一緒に決めておきましょう。

例えばピンクであれば、ピンクに似合うベージュや柔らかいカラーを取り入れ「女性らしく仕上げる」、など色からテーマを決めるとスムーズです。

「女性らしく仕上げる」というテーマから決めるのもいいですが、幅が広いので色や質感に迷い、バランスが取りづらくなります。カラーバランスはとても重要なので、このポイントは押さえておきましょう。

服の中のカラーを1つ、メイクに取り入れてみる

全身モノトーン系の服で毎日を過ごす方は、ファッションを気にせずカラーメイクを楽しめると思いますが、色のあるお洋服を着る機会はとても多いと思います。

例えばシンプルなベージュやブラウンのコーディネートでも、青み系カラーはバランスが取りづらく、ミスマッチな印象になってしまいます。シンプルなファッションでも、メイクの色にはぜひ気を遣いたいものです。

どんな色の組み合わせが合うのか難しい…。と感じる方は、お洋服の中にあるカラーを1つ、メイクの中に取り入れてみましょう。ブラウン系のファッションであれば、同じブラウンやベージュ、オレンジなど同系色の色は相性がいいです。

また、花柄やレオパード、チェックなどの柄系アイテムなら、その繊細な柄の中から1つ好きな色を選び、その色と同系色のカラーをメイクに取り入れるのがいいでしょう。

テッパンの組み合わせ!トレンドを組み合わせたコーディネート3選

ビビッドカラーもヌーディーカラーで大人上品な印象に

ビビッドカラーもヌーディーカラーで大人上品な印象に
出典:GODMake.

筆者はブラウン系のファッションが多いのですが、たまに着たくなるのがビビッド系のお洋服。青みの強いビビッドなピンクのパンツは今年のトレンドでもあります。

このカラーをメインに、トップスはネイビーなどシンプルなものを合わせましょう。

そしてメイクですが、ビビッドなカラーは主張が強いのでお顔はシンプルな色でまとめましょう。一番のオススメは、「ヌーディーベージュ」。シンプルすぎて物足りないと感じるかもしれませんが、ビビッドなカラーがよく映えます。

ビビッドなピンク
出典:GODMake.

また、今回のビビッドなピンクはポップで明るく、派手に見えてしまいがちなので、メイクで大人なヌーディーカラーを使うことで上品さを出すことができます。

全体的にベージュトーンでまとめ、アイシャドウには大粒のラメを、チークはほんのりピンクが入った血色カラーを使ってメリハリを出しましょう。ベージュカラーは、どんなビビッドな色のファッションも上品にまとめる力があります。

ちょい派手柄には同系色のカラーで統一感を

ちょい派手柄には同系色のカラーで統一感を
出典:GODMake.

秋冬になると着たくなるのが「チェック柄」。レトロで外国の映画に出てきそうなチェック柄は、纏うだけでお洒落な印象を与えることができます。

今回のイエローベースのチェック柄は、黒とグレーの格子状になっており大人っぽさを出すことができます。トップスには今回、赤みの強いブラウンニットを合わせました。今季のトレンドカラーで筆者もお気に入りです!

今回のような、ちょい派手柄には同系色のカラーで統一感を出すのがいいでしょう。イエローの同系色にはオレンジやグリーンなどがあります。なので、メイクにもオレンジやグリーンを取り入れてみましょう。

彩度の低いブラウンベースのオレンジ
出典:GODMake.

今回は秋冬がテーマなので、彩度の低いブラウンベースのオレンジで上品にまとめています。

また、せっかくのレトロな柄をメインに持ってきているので、メイクもどこか抜け感のある仕上がりにしたいですね。今回は、マスカラにテラコッタオレンジを使い、抜け感のあるお洒落な仕上がりにしています。

お洒落な柄には、メイクにもお洒落さを1点取り入れてみましょう!

カジュアルファッションには鮮やかカラーをメイクに投入

カジュアルファッションには鮮やかカラーをメイクに投入
出典:GODMake.

デニムやテロンとした柔らかい素材のお洋服には、メイクにも遊び心を取り入れてみましょう!ビビッドで派手な色を使う、というだけでなく大人も使える「赤」や「パープル」など、落ち着いているけど華やかさがプラスされるカラーを入れてもいいと思います。

今回はブラウンのトップスに合わせて、赤系カラーをメイクに取り入れています。

ブラウンのトップス
出典:GODMake.

ここで気をつけたいのは、鮮やかカラーを取り入れすぎないこと。アイシャドウで赤を使うなら、まぶた全体に伸ばすのではなく目尻だけ、もしくは目の下キワだけ、と細く濃く入れるのが一番お洒落な仕上がりになります。

また、パーツ全体に赤を入れすぎるのも、しつこくなってしまいますので注意しましょう。リップに濃い赤を持ってくるなら、先ほどのようにアイシャドウの赤は控えめに。チークは今回入れず、ハイライトのみで立体感をプラスしています。

カジュアルなファッションには、カラーアイテムが取り入れやすく、こなれた印象に仕上げることができます。お休みの日やどこかへお出かけする際は、鮮やかカラーを取り入れてみましょう!

明日からは、もっとお洒落な私に変身!

ファッションとメイクをセットで考えるだけで、全体のバランスが一気に整います。

ぜひ皆さんも明日からは、お顔だけでなくお洋服と一緒に色や質感のコーディネートを考え、ワンランク上の自分に変身しちゃいましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「最強のトータルコーディネート特集!秋冬ファッションに合わせたメイクアイテム